神戸市垂水区・同級生のイジメで小5転落、骨折

神戸市垂水区の市立小5男児が、「柔道ごっこ」と偽ったイジメから救った報復で、同級生達から2重窓の間に30分監禁され、自力で脱出しようとして2階から転落し両足・背骨を折る大けが。学校側は当初「遊んでいて事故」と説明。
画像

(神戸市教育委員会 会見)


小学5年いじめ逃げようと2階から転落!教育委「遊んでいて事故」と説明

学校のいじめが止まらない。なぜ止まらないのか。いじめと真正面に向き合わない学校や教育委員会に原因があるのではないのか。そんな疑いを持ちたくなるような事件がまたあった。
5月29日(2013年)、神戸市立小学校の5年男子児童(10)が野外学習で訪れた宿泊施設の2階から転落し、背骨や両足を骨折する大ケガを負った。学校側は保護者に「みんなと遊んでいてけがをしてしまいました。○○くんが腰椎圧迫骨折、両足首捻挫、両踵骨折隣救急車で病院に搬送され…」と書かれたメールを送った。
ところが、大ケガをした児童の父親からの抗議で学校側は一転、その日のうちに「みんなと遊んでいて」を「いじめが原因で」に訂正したメールを送り直したという。

神戸市教委・学校 父親からの抗議で説明一転
ケガをした児童の父親によると、同級生10人が柔道ごっこをしていて、負けた別の男子児童が2重窓の間に閉じ込められた。大ケガをした児童はこの児童を助けようとしたところ、他の男子児童に2重窓の間に閉じ込められ内側から鍵を掛けられてしまった。男子児童は2重窓の隙間に30分間も閉じ込められたため、脱出しようと外側の窓を開けたところ、4メートル下の庇に転落したという。
画像

10日に緊急記者会見を行なった神戸市教育委員会はこんな言い訳をした。「当事者両方から確認する必要があるので、その時点では十分確認できてなかった」「メールの性質上、他に転送されたりということがあるので、『いじめ』という言葉をいきなり見るとショックもあるのでということで配慮した」
校長は「帰ったらすぐに保護者会を開く予定で、そこでははっきりと『いじめ』を説明するつもりだった」という。校長や市教委のバラバラな説明には驚くが、対応に不満を募らせる父親は「市教委が緊急記者会見を開くことも連絡がなかった。会見の前にひと言お詫びや事実確認の説明があるのが筋だ」と怒りのぶちまけた。
司会のみのもんた「30分間も閉じ込められたって、長いよねえ。教師も教育委員会も、教師というのがどういう職責なのかよくわきまえて欲しいですよ」
教育基本法の見直しが進められているが、これだけ社会問題になりながらいまだに止まらないいじめ。いじめに関わった子どもは退学させるなどの罰則を考えたほうがいい。
(2013/6/11 10:21 J-CASTニュース)

----------------------------------------------------------
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像
画像

画像
画像

(2013/6/11 みのもんたの朝ズバッ!)
----------------------------------------------------------
いじめで二重窓の隙間に閉じこめられ飛び降りた小5男児が重傷

神戸市垂水区の小学5年の男子児童(10)が5月下旬、学校行事の宿泊先で同級生から2階の内窓と外窓の間に閉じ込められ、自力で外に飛び降りた際に背骨や両足のかかとを骨折する重傷を負っていたことが10日、分かった。神戸市教育委員会は、ほかの児童が一方的に閉じ込めたいじめに当たるとみている。
市教委によると、同校の5年生31人は5月27~31日、学校行事で兵庫県養父市のロッジに宿泊。29日の朝食後の自由時間に、男子児童を含む男子10人が自室でトーナメント形式の「柔道ごっこ」を始めた。負けた男児は「罰ゲーム」の名目で内窓の外に閉め出され、他の9人は放置したまま別の部屋へ。男児は約30分後に外窓を開けて脱出しようとしたが、約4メートル下の窓のひさしの上に転落した。内窓と外窓の間は30~40センチだったという。
男児はその日のうちに養父市内の病院で診察を受け、翌30日に神戸市内の病院に入院。保護者が学校にいじめではないかと抗議し、学校は31日朝に当日の行事を打ち切って他の児童を帰宅させた。学校への到着後に他の保護者に「いじめがあった」との説明会を開き、男子児童9人と保護者がけがをした男児の保護者に謝罪したという。
(2013年6月11日06時03分 スポーツ報知)

----------------------------------------------------------
小5転落、骨折 同級生のいじめで…神戸

神戸市垂水区の市立小学校5年の男児(10)が、5月末に野外学習で訪れていた兵庫県養父市の宿泊施設の2階で、同じ部屋にいた同級生から二重窓の間に閉じ込められ、脱出しようとした際に転落、背骨などを骨折する大けがをしていたことがわかった。同校は事故当日、「遊んでいてけがをした」と保護者らにメールで伝えていたが、事実関係を確認後、「いじめが原因だった」とメールで訂正。神戸市教委が転落の経緯などについて調査している。
同市教委によると、男児は5月29日午前9時半頃、同じ部屋の同級生の男児9人から内側の窓と外側の窓の数十センチの隙間に約30分間閉じこめられた。男児は脱出しようと外側の窓を開けた際、誤って約4メートルの高さから転落。両足のかかとや背骨などを骨折し、現在も入院中という。
同校が調べたところ、転落直前、部屋の中で遊びで「柔道ごっこ」をしており、負けた子を窓の隙間に閉じ込める罰ゲームをしていたことが判明。同級生らは「冗談のつもりでやった」と話しているが、同市教委は「悪質な行為」としていじめとみている。現時点では日常的ないじめなどは確認されていないという。
同市教委は最初のメールについて「いじめを隠すつもりはなく、状況の把握がきちんとできていなかった」としている。
(2013年6月10日 読売新聞

----------------------------------------------------------
いじめ:小5男子転落し背骨骨折 校長が虚偽報告メール

神戸市垂水区の市立小学校5年の男子児童(10)が、5月に野外活動で訪れた兵庫県養父市の宿泊施設で、2階から転落して背骨などを折る重傷を負っていたことが分かった。神戸市教委が10日発表した。同校は調査の結果、いじめだと認識していたが、校長は保護者に「遊んでけがをした」と一斉メールを送信。児童の保護者から抗議を受けて「いじめが理由」と訂正していた。
市教委によると、児童は5月29日朝の自由時間中、同級生9人と遊びで柔道のまねごとをしていて2階の二重窓の間(約30〜40センチ)に閉じ込められた。内側の窓は施錠されていたため、約30分後に外側の窓を開けて逃げようとした際、誤って約4メートル下に転落した。現在も入院中という。
校長は最初のメールについて、市教委に「関係児童がショックを受けると思い、配慮した」と説明。市教委の白井俊彦指導課長は「一方的な行為でいじめに当たる。正確に伝えるべきだった」と指摘した。日常的ないじめは確認されていないという。【渡辺暢】
(2013年06月10日 21時35分(最終更新 06月10日 22時30分 毎日新聞

----------------------------------------------------------
2階から転落、小5重傷 学校「遊び」→「いじめ」訂正

神戸市立小学校の5年生の男子児童(10)が先月、自然学校で訪れていた兵庫県養父市の宿泊施設の2階から転落し、両足のかかとなどの骨が折れる重傷を負っていたことがわかった。複数の同級生から幅30センチほどしかない二重窓の間に閉じ込められ、飛び降りたという。学校側は「遊びの中でけがをした」と保護者に説明していたが、男児の保護者から抗議を受けて「いじめが原因」と訂正したという。
市教委や県警によると、男児は5月29日午前10時ごろ、養父市内の宿泊施設内で同級生9人と「柔道ごっこ」をしていた。負けた罰ゲームとして二重窓の間に入れられ、部屋の側から鍵をかけられた。9人はその場から立ち去ったという。男児は自力で脱出しようと外側の窓を開け、飛び降りたという。
学校側は事故当日、「遊びの中でけがをした」という趣旨のメールを5年生の保護者へ一斉送信していたが、男児の保護者から「いじめと認識してほしい」と抗議があり、「いじめがあった」という内容のメールを送り直したという。
(2013年6月10日14時26分 朝日新聞)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック