“偽造調書”の大阪・堺署 今度は注射器捏造

画像
大阪府警堺署刑事課の係長だった元男性警部補が2010年、薬物事件の証拠品の注射器十数本が無いことに気付いて、組織を守るために注射器を調達しでっち上げていたことがわかった。





堺署元警部補、捏造「組織守るため」

大阪府警堺署刑事課で、薬物事件で押収した注射器が一時なくなり、無関係の注射器が証拠品にされた問題で、証拠捏造(ねつぞう)を認めた同課の元男性警部補(60)(退職)が府警の聴取に「組織を守ろうと思った」と動機を話していることがわかった。他の関係者の処分を避けようとしたとみられるが、捏造が発覚すれば、紛失とは関係ない自らの責任が問われるため、府警はさらに詳しい経緯を調べる。
捜査関係者によると、元警部補は2010年4月、同署に赴任。その後、各事件の証拠品を点検中、05年6月に堺市堺区で覚醒剤などとともに発見、押収されたはずの注射器12本がないのに気付いた。
府警の聴取に対し、元警部補は、前任者に注射器の所在を確認するなどして捜したが見つからず、公訴時効(2012年6月)が成立する際には、改めて証拠品が点検されて紛失が発覚する恐れがあり、放置できないと思ったと説明した。
元警部補は紛失を隠すため、証拠書類や写真を見て本物と同じタイプの注射器を調達。自分が紛失したわけでもないのに捏造した理由について「組織を守りたかった」と話したという。
元警部補は昨年3月、定年まで1年を残して早期退職しており、「責任を感じていたので早く辞めた」とも説明しているという。
(2013年6月12日 読売新聞

----------------------------------------------------------
「組織守ろうと思った」証拠捏造の堺署元警部補

大阪府警堺署刑事課で、薬物事件で押収した注射器が一時なくなり、無関係の注射器が証拠品にされた問題で、証拠捏造(ねつぞう)を認めた同課の元男性警部補(60)(退職)が府警の聴取に「組織を守ろうと思った」と動機を話していることがわかった。
他の関係者の処分を避けようとしたとみられるが、捏造が発覚すれば、紛失とは関係ない自らの責任が問われるため、府警はさらに詳しい経緯を調べる。
捜査関係者によると、元警部補は2010年4月、同署に赴任。その後、各事件の証拠品を点検中、05年6月に堺市堺区で覚醒剤などとともに発見、押収されたはずの注射器12本がないのに気付いた。
府警の聴取に対し、元警部補は、前任者に注射器の所在を確認するなどして捜したが見つからず、公訴時効(2012年6月)が成立する際には、改めて証拠品が点検されて紛失が発覚する恐れがあり、放置できないと思ったと説明した。
元警部補は紛失を隠すため、証拠書類や写真を見て本物と同じタイプの注射器を調達。自分が紛失したわけでもないのに捏造した理由について「組織を守りたかった」と話したという。

(2013年6月12日09時02分 読売新聞

----------------------------------------------------------
大阪府警、不祥事底なし!まだあった、証拠品ねつ造

大阪府警元警部補の男性(60)が堺署刑事課の係長だった2010年、覚醒剤取締法違反事件の証拠品の注射器12本がなくなっていると思い込み、無関係の同タイプの注射器を準備し、証拠品としてねつ造していたことが11日、府警への取材で分かった。元警部補は「注射器は現職の警察官に頼んで用意してもらった」と説明。同署では、留置場で起きた公務執行妨害事件で虚偽の調書を作成し、公判で虚偽の証言をしていた問題が発覚するなど問題が相次いでいる。
証拠品や調書をめぐる大阪府警の不祥事が、とどまるところを知らない状況になってきた。
注射器12本を準備し、証拠品としていた元警部補は、ねつ造を認めるとともに「証拠品の注射器がないと思い、府内の署の現職の警察官に頼んで用意してもらった」と説明しているという。府警は証拠隠滅の疑いもあるとみて経緯を調べるとともに、府警の現職警察官の関与についても調べを進めている。
府警によると、注射器は2005年6月下旬、堺市堺区の路上で拳銃や覚醒剤と一緒に発見された。10年春に堺署に配属された元警部補が事件担当を引き継ぎ、証拠品を点検したところ、注射器12本が見当たらず、所在を確認したが見つからなかった。紛失したと考えた元警部補は、保存されていた注射器の写真をもとに、同タイプの未使用の注射器12本を準備。実際の証拠品である注射器も未使用のもので、本来の証拠品であるかのように偽装していた。
元警部補は昨年3月に退職。今年4月下旬に堺署刑事課が再び証拠品の一斉点検を行った際、署内の証拠品保管庫で、段ボールの中から“本物”の注射器12本を発見し、ねつ造が発覚した。覚醒剤取締法違反事件は昨年6月、公訴時効が成立。銃刀法違反事件は引き続き捜査している。
府警では昨年、当時相次いだ証拠品をめぐる不祥事を受けて、本部や全65警察署で総点検を実施。117事件で証拠品301点を紛失していた、と公表した。だが、今回発覚した注射器の偽装を見抜くことはできず、証拠品のずさんな管理実態や隠蔽工作が埋もれていたままになっていたことが再び明らかになり、府警幹部は「何のための点検だったのか、と言われることになる」と、言葉少なにうつむいた。
府警では昨年3月、福島署の強盗強姦(ごうかん)事件で証拠品のたばこの吸い殻がなくなり、元警部(退職)らが無関係の吸い殻を使って偽装。堺署は、留置場で起きた公務執行妨害事件で、実際には現場にいなかった警察官が関わったとする虚偽の調書を作成し、公判でも虚偽の内容に沿って警察官が証言をしていたことが発覚したばかりだった。
(2013年6月12日06時05分 スポーツ報知

----------------------------------------------------------
大阪府警元警部補 証拠品ねつ造 紛失と思ったらあった

大阪府警元警部補の男性(60)が2010年、覚せい剤取締法違反事件の証拠品の注射器がなくなっていると思い込み、無関係の注射器を準備し、証拠品としてねつ造していたことが11日、分かった。
府警によると、元警部補は10年春に堺署に配属。05年に発見された証拠品を点検したところ、注射器12本が見つからなかった。紛失したと考えた元警部補は、未使用の同種の注射器12本をそろえ、証拠品であるかのように偽装していた。
元警部補は昨年3月に退職。今年4月下旬、堺署刑事課が証拠品の一斉点検を行った際、署内の証拠品保管庫で、段ボールの中から本来の証拠品である注射器12本が見つかった。堺署が5月初め元警部補に事情を聴いたところ、ねつ造を認めた。証拠隠滅の疑いもあるとみて経緯を調べている。
府警では昨年3月、福島署で証拠品のたばこの吸い殻がなくなり、無関係の吸い殻を使い偽装したことが発覚。これを受け府警は昨年にも、本部や全65警察署で総点検を実施したが、このとき堺署は注射器の偽装を見抜けなかった。府警幹部は「何のための点検だったのか、と言われることになる」と言葉少な。府警関係者は「DJポリスは大したもんやと思う。みんながみんな、ああなってくれれば、こんなことも起こらんのやが…」と、不祥事続きの身内に奮起を促した。
(2013年6月12日 06:00 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
元警部補、証拠品を紛失と思い込み捏造

大阪府警元警部補の男性(60)が堺署刑事課の係長だった2010年、覚せい剤取締法違反事件の証拠品の注射器12本がなくなっていると思い込み、無関係の注射器を準備、証拠品として捏造(ねつぞう)していたことが11日、分かった。
府警によると、注射器は05年6月、堺市の路上で拳銃や覚醒剤と一緒に発見された。10年春に堺署に配属された元警部補が証拠品を点検したところ、注射器12本が見当たらなかったため紛失したと考え、未使用の同種の注射器12本を準備し、証拠品であるかのように偽装した。
元警部補は「公訴時効が近付いていたので、証拠品がないと問題になると思った。(捏造は)自分で思いつき、注射器は他の人に頼んで調達してもらった」と話しており、保存されていた書類や写真を基に注射器を探していたとみられる。
元警部補は昨年3月に退職。今年4月、堺署刑事課が証拠品を一斉点検した際、署内の証拠品保管庫で、段ボール箱の中から本来の証拠品である注射器12本を発見した。堺署が5月初め、元警部補に事情を聴いたところ、捏造を認めた。(紙面から)
(2013.6.12 05:03 サンケイスポーツ)

----------------------------------------------------------
「時効が迫りまずいと思った」 証拠捏造の元警部補説明

大阪府警堺署刑事課の元男性警部補(60)=退職=が2010年、証拠品の注射器12本を紛失したと思い込み、新たに調達して捏造(ねつぞう)した問題で、元警部補が府警に「時効が迫っており、段取りしないとまずいと思った。知人に頼んで調達してもらった」と説明していることがわかった。府警は注射器の入手経路などを調べている。
府警によると、元警部補は10年春、堺署刑事課に着任。堺市堺区で覚醒剤、拳銃と一緒に未使用の注射器が見つかった05年6月の事件を前任から引き継いだ際、証拠品を点検して注射器12本の紛失に気づいた。
覚醒剤取締法違反の公訴時効は12年6月に迫っていたため、元警部補は、同じ形状の注射器12本を調達し、証拠品に仕立てたという。警察で集めた証拠品は通常、公訴時効の数カ月前に検察庁に送る。府警は、送致の際に紛失が発覚するのを恐れたとみている。
元警部補は12年3月に退職。その3カ月後に覚醒剤事件の時効は成立したが、署は銃刀法違反事件として捜査を続けている。
(2013年6月12日3時8分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
画像
画像
画像
画像
膳場貴子「また不祥事です。大阪府警堺署の元警部補が覚せい剤事件の証拠品である、注射器を紛失したと思い込み、同じ種類の注射器12本を調達して証拠品としてでっち上げていたことがわかりました。
今年4月に行われた証拠品の一斉点検で実際の注射器が見つかり、元警部補(60)を追及したところ、『なくなったと思って用意した』とねつ造を認めたということです。堺署では、別の事件でも署員が嘘の調書を作成していたことが発覚したばかりです。」
(6月11日 NEWS23)

----------------------------------------------------------
証拠品ねつ造「時効迫り知人に依頼」
画像


大阪・堺警察署の元警部補が、覚醒剤取締法違反事件の証拠品の注射器をねつ造していた問題で、元警部補は「事件の時効が迫ってきたので、警察官の知り合いに頼み、注射器を用立ててもらった」という趣旨の説明をしていることが警察への取材で分かりました。
堺警察署刑事課の係長で、去年退職した60歳の元警部補は、覚醒剤取締法違反事件の証拠品の注射器12本を紛失したと思い込み、事件とは関係のない、同じタイプの注射器を証拠品としてねつ造したことが、大阪府警察本部の内部調査で明らかになっています。
警察によりますと、本物の証拠品の注射器は、8年前、覚醒剤などとともに押収されて、堺警察署に保管されていたということで、元警部補は、3年前に堺警察署に異動したあとにねつ造したとみられています。
この事件は去年時効が成立していますが、警察の調べに対し元警部補は、ねつ造の理由について、「事件の時効が迫ってきたので、証拠品を紛失したままだとまずいと思った」と説明していることが新たに分かりました。
また、入手先について、「本物の証拠品の注射器の写真をみて、同じタイプのものを、警察官の知り合いに頼み用立ててもらった」という趣旨の説明をしているということです。
警察は、証拠隠滅の疑いで捜査を進めるとともに、注射器を調達したいきさつを調べています。
(6月11日 20時17分 NHK)

----------------------------------------------------------
元警部補が証拠品捏造 覚醒剤事件の注射器、紛失と思い込み 大阪府警

大阪府警堺署刑事課の元警部補の男性(60)=昨年3月に退職=が在職中の平成22年ごろ、覚せい剤取締法違反事件の証拠品として保管されていた注射器12本を紛失したと思い込み同じ本数の注射器を調達して証拠を捏造(ねつぞう)していたことが11日、府警への取材で分かった。同課が今年に入って保管庫を点検したところ、本来の注射器が見つかり、不正が発覚した。府警は証拠隠滅の疑いもあるとみて、経緯を詳しく調べる。
府警によると、堺市堺区で17年6月下旬、放置された自転車の前かごから覚醒剤や拳銃、未使用の注射器の入った袋が発見された。容疑者特定に至らないまま、同法違反事件については昨年6月に公訴時効が成立。現在は銃刀法違反容疑で捜査が継続されている。
元警部補は22年春の異動で堺署刑事課に着任し、事件の関係証拠を点検。問題の注射器が見つからなかったため、写真をもとに同じタイプのものを調達した。
刑事課が今年4月下旬、保管庫を一斉点検したところ、元警部補から引き継いだ注射器とは別に、事件の書類と注射器が入った段ボール箱を発見。すでに退職していた元警部補を呼び出して事情を聴いたところ「紛失したと思って注射器を用意した」と捏造を認めた。
証拠品に絡む不祥事が相次いだ府警では昨年4月から、本部と全65署で保管状況を一斉点検。同12月に計301点の紛失を公表したが、今回の注射器については見過ごされていた。本来の注射器が入った段ボール箱が、写真やネガを収めた箱の奥にしまい込まれていたため、不正に気づかなかったという。
(2013.6.11 14:48 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
元警部補、紛失の証拠品捏造…注射器十数本

大阪府警堺署刑事課の係長だった60歳代の元男性警部補が2010年、薬物事件の証拠品として保管されているはずの注射器十数本がなくなっていることに気付き、無関係の注射器を調達して証拠品にでっち上げていたことがわかった。今年に入って同課が行った一斉点検で、紛失したと思われていた注射器が別の場所から見つかり、捏造(ねつぞう)が発覚した。府警は証拠隠滅容疑も視野に、証拠品に偽装した注射器の入手ルートや捏造経緯を調べている。
捜査関係者によると、証拠品の注射器は05年、堺市堺区の路上で覚醒剤や拳銃とともに見つかった。容疑者逮捕に至らないまま覚醒剤取締法違反事件は昨年、公訴時効が成立したが、同署は銃刀法違反の疑いで捜査を続けている。
元警部補は10年春、同署刑事課に赴任。各事件の証拠品を点検中、問題の注射器がないことに気付いた。元警部補は前任者らに所在を確認するなどしたが見つからず、同じタイプの注射器を同じ本数調達して証拠品にでっち上げたという。
元警部補は昨年3月に退職。今年になって同課が全ての証拠品を一斉点検したところ、同課保管庫の段ボール内に、問題の事件で押収されたものであることが書かれた封筒があり、その中から注射器が見つかった。事件の注射器が二つ存在する形になり、同署が元警部補に問い合わせると、捏造を告白したという。
府警警察官による証拠品捏造を巡っては、昨年3月、福島署の刑事課長だった元男性警部(退職)らが、強盗強姦(ごうかん)事件の現場で採取された、たばこの吸い殻の紛失に気付き、無関係の吸い殻を証拠品にでっち上げたことが発覚。元警部ら2人が証拠隠滅容疑などで書類送検され、元警部は執行猶予付きの有罪判決を受けた。
また堺署では、留置場内で起きた公務執行妨害事件の対応が適切だったと装うため、複数の署員が2度にわたり虚偽調書を作成したことが今月9日に発覚したばかり。
(2013年6月11日 読売新聞

----------------------------------------------------------
大阪 堺警察署の元警部補が証拠品ねつ造
画像
大阪・堺警察署の元警部補が事件の証拠品として保管されていた注射器10数本が紛失したと思い込んで、事件とは関係のない別の注射器を証拠品としてねつ造していたことが警察への取材で分かりました。
大阪府警察本部によりますと、堺警察署刑事課の係長だった元警部補は数年前、覚醒剤取締法違反の事件の現場で見つかり、証拠品として保管されていた注射器10数本がないことに気付いたということです。
このため、事件とは関係のない同じタイプの別の注射器を調達して証拠品としてねつ造し、保管していたということです。
元警部補は去年、退職し、その後、ことしになって警察署で行われた調査で本物の証拠品の注射器が見つかり、元警部補に確認したところ、ねつ造したことを認めたということで大阪府警は証拠隠滅の疑いで捜査を進める方針です。
大阪府警では、去年、別の警察署の元刑事課長が事件の証拠品のたばこの吸い殻をねつ造するなど証拠品の紛失やねつ造を巡る不祥事が相次いだほか、堺警察署では留置場で起きた事件への対応が適切だったと装うため複数の警察官が2回に渡ってうその調書を作成したことが明らかになったばかりです。
(6月11日 7時22分 NHK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック