山形県警・警部補が個人ロッカーで拳銃保管

画像
山形県警・警部補が個人ロッカーで拳銃を保管していたが実名どころか勤務する警察署すら明かさず所属長訓戒で幕引き。


個人ロッカーに拳銃、県警が警部補を訓戒処分 

県内の警察署に勤務する警部補が今年4月、勤務後に拳銃を定められた保管場所に戻さず、個人のロッカーに置いていたとして、県警がこの警部補を所属長訓戒としたことが14日、情報公開制度に基づき開示された資料で分かった。県警では今年2月にも警察署勤務の巡査が拳銃を個人ロッカーに置いたままにしたとして、所属長訓戒となったばかり。県警は「あらためて再発防止策を徹底する」としている。
県警監察課によると、警部補は4月5日午後1時ごろ、勤務終了後にホルスターに入れた拳銃を個人ロッカーに置いたまま帰宅した。拳銃は本来、勤務後に署内などの保管庫に収めなければならないが、忘れていたという。警部補は翌6日と7日は休みで、当直勤務員が7日午後4時ごろ、保管庫を点検した際、警部補の拳銃が収められていないことに気付いた。
個人ロッカーは施錠されていたため、拳銃が外部に持ち出されることなどはなかった。管理責任があるとして、保管庫の確認などを担う同署の警視と警部2人は2月の措置よりも重い本部長注意とした。
警察手帳を山形市内で一時紛失したとして、巡査長を所属長訓戒としていたことも判明した。巡査長は4月10日午後1時ごろ、上司、同僚と飲食店で昼食後、警察手帳を落とした。直後に通行人が拾い、最寄りの警察署に届け出た。落下防止や紛失防止の措置をしていなかったという。上司は口頭注意を受けた。
このほか、警察のネットワークにつながっているパソコン端末に個人のSDカードを接続し、楽譜を印刷した職員、鑑識作業中に証拠品のパンフレットを紛失した巡査、パトカーを運転中に物損事故を起こした巡査部長らを本部長注意、所属長注意とした。
(6月15日(土)8時2分配信 山形新聞

----------------------------------------------------------
拳銃放置:巡査が個人ロッカーに 訓戒処分/山形

県警監察課は17日までに、警察署に勤務する巡査が拳銃を個人ロッカーに放置していたとして所属長訓戒処分、拳銃を管理する責任者の警視と警部が所属長注意を受けていたことを明らかにした。
同課によると、巡査は今年2月19日の勤務終了後、拳銃を署内の拳銃格納庫に戻さず、拳銃ホルダーに入れたまま個人ロッカーに別の装備品と共に置いた。20日朝、勤務する際に拳銃格納庫に収納していないことに気付き上司に報告した。個人ロッカーは施錠されていたという。
同課は、勤務終了後は拳銃を拳銃格納庫に確実に収め、取り扱い責任者は拳銃を携帯する署員の勤務状況や収められている拳銃の数の確認を徹底するよう指導した。【横田香奈】
(2013年04月18日 地方版 毎日新聞)



民間人ならモデルガンでも逮捕される今の日本で、拳銃を個人ロッカーに放置してても銃刀法違反ではなく訓戒処分、日本で唯一銃を持ち歩るいているのに緊張感皆無で、身内にだけあまい警察の特権意識が顕著に出た処分内容。

拳銃放置:男性警部補を訓戒処分−−県警/愛媛

県警の男性警部補が拳銃を個人ロッカーに放置したとして、所属長訓戒処分を受けていたことが10日、県警監察官室への取材で分かった。
交番勤務の男性警部補は1月10日、実弾を抜いた拳銃を保管庫に入れず、個人ロッカーに放置。処分は3月18日付で、拳銃の出し入れを管理する上司の警部も同処分を受けた。県警の拳銃の不適切保管は昨年以降3件目。【大東祐紀】
(2013年04月11日 地方版 毎日新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック