中国人と偽装結婚で陸自隊員逮捕

画像
風俗店の中国人と偽装結婚したとして陸自隊員が京都府警に逮捕された。




陸自隊員、中国人女性と偽装結婚容疑 「金に困って」

うその婚姻届を提出したとして、京都府警は、陸上自衛隊桂駐屯地(京都市西京区)陸曹長の谷本●●容疑者(53)=同市南区=と、中国籍で風俗店従業員の孟迪(もうてき)容疑者(31)=同市下京区=を公正証書原本不実記載・同行使の疑いで逮捕したと、17日に発表した。谷本容疑者は「金に困ってやった」、孟容疑者は「日本にいたかった」と、ともに容疑を認めているという。
外事課によると、2人は共謀して2011年11月22日、結婚したという虚偽の婚姻届を京都市南区役所久世出張所に提出した疑いがある。孟容疑者は03年3月、就学目的で来日していた。2人に結婚生活の実態はなかったという。出会った経緯などを調べている。
桂駐屯地によると、谷本容疑者は1977年に入隊。最近は同駐屯地中部方面後方支援隊に所属し、行政文書の管理などの事務作業を担当していたという。桂駐屯地は「事実確認ができ次第、処分などを検討する」と話している。
(2013年6月17日19時38分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
中国人と偽装結婚容疑 陸自陸曹長逮捕 京都府警

日本の在留資格を得るために偽装結婚をしたとして、京都府警外事課は17日、公正証書原本不実記載・同供用容疑で、陸上自衛隊桂駐屯地(京都市西京区)の中部方面後方支援隊陸曹長、谷本●●(53)=京都市南区久世大藪町=と中国籍で、風俗店従業員、孟(もう)迪(てき)(31)=同市下京区吉文字町=の両容疑者を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めている。
2人の逮捕容疑は平成23年11月22日、孟容疑者の日本での長期在留資格を得るため、結婚生活を送る意思がないのに、同市南区役所久世出張所に婚姻届を提出し、偽装結婚をしたとしている。
府警によると、孟容疑者は平成15年3月に就学ビザで来日。婚姻届を提出後、2人が一緒に生活していた形跡などはなく、結婚生活の実態はなかったという。
調べに対し、谷本容疑者は「金に困ってやった」と供述。府警は、金銭の受け渡しの事実確認や2人が知り合った経緯、偽装結婚を仲介したブローカーがいなかったかどうかなどについて捜査を進め、事件の全容解明を急いでいる。
陸上自衛隊桂駐屯地は「現在、警察で捜査中であり、事実関係を確認して適正な措置をするまではコメントを差し控える」としている。
(2013.6.17 18:52 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
自衛隊員、偽装結婚容疑で逮捕=「金に困って」中国人と―京都府警

虚偽の婚姻届を提出したとして、京都府警は17日までに、公正証書原本不実記載・同行使(偽装結婚)容疑で、陸上自衛隊桂駐屯地の陸曹長谷本●●(53)=京都市南区久世大藪町=、中国籍の風俗店従業員孟迪(31)=同市下京区吉文字町=両容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。
逮捕容疑は、2011年11月22日、虚偽の婚姻届を京都市南区役所久世出張所に提出した疑い。
2人には同居の実態がなく、谷本容疑者は「金に困ってやった」と供述。孟容疑者は03年3月に就学目的で来日し、「日本にいたかったと話しているという。府警は背後にブローカーがいるとみて調べている。 
[時事通信社]
(2013年6月17日16時57分 時事通信
中国人は、合法非合法かの違いがあるだけで居住要件の緩和や日本人帰化だけが目的という点では皆一緒。帰化要件を充たす可能性低い中国人の手段が書類上の結婚なので日本人なら誰でもいい。国家公務員で信用性あがるから利用されたのに、中国人女と同列の罪で裁かれたうえに、実名で晒される陸自隊員が不憫すぎるので名前は伏せた。


入国管理局情報受付ページ
中国人との国際結婚

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック