大分佐伯市いじめ放置で高2被害者「退学」

画像
大分佐伯市の高2生徒が、イジメを受け担任に相談したが適切な対応せず不登校になった。学校は無断欠席など理由に退学通知、被害生徒が訴訟起こした。




いじめ放置の上、「退学」は不当=元生徒が学校提訴-大分

いじめにあったが学校が適切に対応しなかったため不登校となり、授業料の滞納などを理由に退学処分を受けたのは不当として、大分県佐伯市の高校に通っていた元男子生徒(17)が、高校を運営する学校法人に対して、165万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こしたことが17日、分かった。提訴は14日付。
訴状によると、元生徒は高校2年生だった昨年9月、教室で1年生の生徒に首をつかまれ「殺すぞ」と脅されるなどした。担任らに相談したが、適切な対応を取らなかったため、また嫌がらせを受けるのではないかと不安に思い、10月以降登校できなくなった。
一方、学校は同年11月、8月以降の授業料の滞納や無断欠席などを理由に退学処分を通知。学校によると、授業料を3カ月滞納した場合、退学処分にできると校則で定められているという。元生徒側は支払日から換算すると納付が遅れたのは1カ月程度だったなどと主張している。
(2013/06/17-13:30 時事通信)

----------------------------------------------------------
いじめで対応不適切 元生徒が高校を提訴

いじめの被害を受けたにもかかわらず、学校が不適切な対応をとったとして、佐伯市内の高校に通っていた男性が学校側を相手に、165万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こしたことがわかりました。訴えを起こしたのは、佐伯市内の高校に通っていた17歳の男性です。訴状によりますと、男性は高校2年生だった2012年9月、1年生6人から悪口を言われるなどして精神的な苦痛を負い、医師からPTSD=心的外傷後ストレス障害と診断されました。高校は無断欠席などを理由に2012年11月、男性を退学処分としました。男性側は「欠席は精神疾患に基づく正当なもので、その原因はいじめ被害の恐怖・不安を解消せずに放置した学校の対応にある」として、6月14日、学校側に165万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こしました。学校側は「訴状を確認した上で適切な対応をしたい」とコメントしています。
(6/17 19:27 大分放送)

----------------------------------------------------------
「いじめ受けたのに退学に」学校を提訴(大分県)

佐伯市内の高校に通っていた少年(17)が、学校でいじめを受けていたのに、逆に自分が退学処分になったのは不当だとして、高校側を相手取り、165万円の損害賠償を求める訴えを大分地裁に起こしていたことが分かった。
([ 6/17 12:42 テレビ大分] 日テレNEWS24)
これらの記事だけで学校の特定までは不可だが、佐伯市の公立は「大分県立佐伯鶴城高等学校」「大分県立佐伯豊南高等学校」「大分県立佐伯鶴岡高等学校」の3校あるものの公立は民主党政権が授業料を無償化したので除外。国立ナシで私立は佐伯市に「日本文理大学附属高等学校」1校しかないので…イジメ放置していた高校は予想可。ちなみにみんなの高校情報(口コミレビュー)で日本文理大学附属高校の「イジメの少なさ」は五段評価で3.3。「いじめはないと思います。
」「いじめはなく、仲が良いのも自慢です。」「いじめはないに等しいです。」とあるが、被害生徒に自主退学を求めた仙台の私立高と同じで、生徒達に広まる前に「なかったこと」にしてただけ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック