拳銃射撃2位の警官ら依願退職

大阪府警・淀川署地域課の巡査と南署地域課の巡査部長が同僚の現金を盗んだとして、それぞれ停職1カ月にし、2人は同日付で依願退職した。
画像
画像




同僚警官の金盗む…処分の巡査部長は射撃の名手

拳銃の射撃訓練で一緒になった警察官らの財布から繰り返し金を盗んだとして、大阪府警は5日、南署地域課の男性巡査部長(30)を停職1か月の懲戒処分とした。
巡査部長は、5年前に警察の全国拳銃大会で準優勝した射撃の実力者。同日、依願退職した。
発表では、巡査部長は今年2月から4月の間、府警総合訓練センターと同署のそれぞれの更衣室で、警察官12人のかばんを物色し、計10万6000円を盗んだ。「金はパチスロに使った。負けが続き、妻に小遣いが欲しいと言えなかった」と話しているという。
被害相談を受けた上司が2月下旬、署の更衣室にカメラを設置。4月下旬、巡査部長がバッグから金を抜き出す様子が録画され、追及したところ盗んだことを認めたという。
(6月6日(木)0時14分配信 読売新聞)

----------------------------------------------------------
「同僚が嫌い」…2警官が財布から現金盗む 大阪府警が懲戒処分

同僚の財布から現金を繰り返し盗んだとして、大阪府警は5日、南署地域課の男性巡査部長(30)と、淀川署地域課の男性巡査(24)をそれぞれ停職1カ月の懲戒処分にした。いずれも全額弁済し、被害届も出されなかったとして、府警は窃盗容疑での立件を見送った。2人は同日付で依願退職した。
府警監察室によると、巡査部長は2~4月、南署の更衣室などに置いてあった署員ら12人のかばんから財布を取り出し、中の現金計10万6千円を抜き取ったとしている。
複数の署員から「金を盗まれた」と申告があったため、更衣室内にビデオカメラを設置。4月になって巡査部長がおとりのかばんを物色し、2千円を盗む姿が記録され、処分の決め手になった。盗んだ金はパチスロに使ったという。巡査部長は警察官が射撃の腕を競う全国大会で入賞した経歴もあった。
一方、淀川署の男性巡査は昨年11~12月、署内の更衣室と交番で、同僚4人の財布から計11万1千円を抜き取ったとしている。巡査は「同僚が嫌いだったので困らせようと思った」と話したという。
(6月5日(水)21時34分配信 産経新聞)

----------------------------------------------------------
同僚の金盗み、警官2人停職 「気にくわない」「パチスロに」

同僚の現金を盗んだとして、大阪府警は5日、淀川署地域課の巡査(24)と南署地域課の巡査部長(30)を、それぞれ停職1カ月の懲戒処分にした。2人は同日付で依願退職した。
府警によると、巡査は「(同僚が)気にくわなかったので、困らせたかった」、巡査部長は「パチスロをするため」という内容の説明をしている。
巡査は昨年、淀川署の更衣室などで、仮眠中などの時間に現金計11万1千円を盗み、「自分も盗まれた」と虚偽の申告をしていた。
一方、巡査部長は今年2月上旬〜4月下旬、南署の更衣室などで、同僚の財布から現金計10万6千円を盗んだ。上司が設置したビデオカメラで判明した。
(2013/6/5 20:36 静岡新聞社)

----------------------------------------------------------
同僚の金盗み、警官2人停職

同僚の現金を盗んだとして、大阪府警は5日、淀川署地域課の巡査(24)と南署地域課の巡査部長(30)を、それぞれ停職1カ月の懲戒処分にした。2人は同日付で依願退職した。
府警によると、巡査は「(同僚が)気にくわなかったので、困らせたかった」、巡査部長は「パチスロをするため」という内容の説明をしている。
巡査は昨年、淀川署の更衣室などで、仮眠中などの時間に現金計11万1千円を盗み、「自分も盗まれた」と虚偽の申告をしていた。
一方、巡査部長は今年2月上旬~4月下旬、南署の更衣室などで、同僚の財布から現金計10万6千円を盗んだ。上司が設置したビデオカメラで判明した。
(2013年06月05日 20:36 大分合同新聞)

----------------------------------------------------------
拳銃射撃2位の警官ら停職=同僚から現金盗む―大阪府警

大阪府警は5日、同僚のかばんから現金を盗んだとして、南署地域課の男性巡査部長(30)を停職1カ月の懲戒処分とした。全額弁済し、同僚も被害届を出さなかったため窃盗容疑での立件は見送られたが、同日付で辞職した。巡査部長は拳銃特別訓練員に選抜され、全国警察の射撃大会で最高2位の個人成績を収めていた。
府警監察室によると、巡査部長は2~4月、南署や総合訓練センターの更衣室で、ロッカー前に置かれた同僚12人のかばんから計10万6000円を盗んだとされる。
地域課長が同僚からの被害申告を受け、更衣室にビデオカメラを設置し、ロッカー前に自分のかばんを置いていたところ、現金を抜き取る巡査部長の姿が写っていた。調べに対し、「パチスロでストレス発散するため盗んだ」と説明したという。
このほか府警は、淀川署地域課の男性巡査(24)も昨年11~12月、署の更衣室や交番で同僚4人の財布から現金11万1000円を盗んだとして、停職1カ月とした。巡査は5日付で辞職。被害発覚時、「自分も盗まれた」と上司に虚偽申告していたという。 
(6月5日(水)18時40分配信 時事通信)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック