山口県警岩国署・盗撮警官 部屋に同僚の手錠

山口県警岩国署の女子トイレに盗撮目的で侵入して逮捕された同署地域1課の巡査の部屋から、同僚警官の手錠見つかった。 トイレ侵入巡査の部屋に同僚の手錠、山口・岩国署 山口県警岩国署(岩国市)の女子トイレに侵入したとして、同県警が建造物侵入容疑で逮捕した同署地域1課の巡査江村望容疑者(21)(岩国市室の木町4)の部屋か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

警視庁警部補、女子高生の胸触り停職1か月

電車内で女子高生の胸や太もも触った警視庁・尾久署交通課の57才警部補、停職1か月の同日付で依願退職。 懲戒処分:列車で迷惑行為、警視庁が尾久署の警部補を/東京 警視庁人事1課は14日、列車内で女性の胸などを触ったとして、埼玉県迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕された尾久署交通課の佐藤富男警部補(57)について、停職1カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県警が万引き事件で誤認逮捕

岡山県警津山署が70歳代男を任意で聴取後、アリバイや防犯カメラを確認せず窃盗容疑で緊急逮捕。男は一貫して犯行否認、家宅捜査までしたが誤認逮捕。 岡山県警、万引き犯誤認逮捕…アリバイ確認せず 岡山県警は14日、同県津山市の70歳代の無職男性を窃盗容疑で誤認逮捕したと発表した。 津山署がスーパーで育毛剤を盗んだとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府警の巡査、保身で当て逃げ

京都府警中京署の地域課の20代巡査が3月、乗用車で当て逃げ事故を起こして、書類送検していたが公表しなかった。 巡査当て逃げ「上司に怒られるの怖かった」 京都府警中京署の地域課に勤務していた20代の男性巡査が3月、乗用車で当て逃げ事故を起こしたとして、道交法違反(事故不申告)の疑いで書類送検されていたことが15日、府警…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形県警・警部補が個人ロッカーで拳銃保管

山形県警・警部補が個人ロッカーで拳銃を保管していたが実名どころか勤務する警察署すら明かさず所属長訓戒で幕引き。 個人ロッカーに拳銃、県警が警部補を訓戒処分  県内の警察署に勤務する警部補が今年4月、勤務後に拳銃を定められた保管場所に戻さず、個人のロッカーに置いていたとして、県警がこの警部補を所属長訓戒としたことが14日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県警・蕨署巡査を書類送検、公表せず

埼玉県警蕨署地域課の巡査が未成年の少女にみだらな行為をして地検に書類送検されてたが公表しなかった。 少女にみだらな行為 蕨署巡査を書類送検 18歳未満の女性にみだらな行為をしたとして、県警が県条例違反の疑いで蕨署地域課の巡査の男(20)をさいたま地検に書類送検していたことが13日までに分かった。巡査は5月8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県警、被害者の供述調書を改ざん

鹿児島県警が昨年摘発した暴力団組員による事件で、組織犯罪対策課の複数の捜査員が事実とは異なる供述調書を作成。 被害者調書を改ざん 鹿児島県警、供述の変遷隠す? 鹿児島県警が昨年摘発した暴力団組員による事件で、複数の捜査員が事実とは異なる内容で被害者の供述調書を作成していたことがわかった。事件の容疑者だった組員はその後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強制わいせつ被告に裁判所も被害者住所漏らす

強制わいせつ事件の被害女性の個人情報が検察から被告に漏れてたが、裁判所も住所を隠さずに被告に渡していた事を横浜地検が明かした。 性犯罪被害女性、国賠提訴へ…地検が住所漏えい 強制わいせつ事件の被害に遭った川崎市内の30歳代の女性の住所や電話番号が、横浜地検川崎支部などから男性被告に漏れていた問題で、女性の代理人弁護士が1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察官が強制わいせつ事件の被害者住所漏らす

強制わいせつ事件の被害女性が個人情報を明かさないことを条件に検察側の証人として出廷したものの、川崎支部から被告に連絡先が漏れていたが、建前謝罪で検察官の処分ナシ。 地検支部、わいせつ被害者の住所を被告側に示す 横浜地検川崎支部が強制わいせつ事件の男性被告(82)の弁護人に対し、川崎市内の30歳代の被害女性の住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鑑定書偽造の元科捜研職員に猶予判決

2010年5月から去年1月までの間に変死事件など6つの事件の鑑定で、証拠を偽造していた和歌山県警の科学捜査研究所の元主任研究員に「反省している」と猶予判決。 鑑定書偽造の元科捜研研究員に猶予判決 別事件のデータを流用し、6件の道交法違反事件などについて鑑定書を偽造したとして、証拠隠滅などの罪に問われていた和歌山県警・科捜研の元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府警東淀川署・虐待疑われる母親の前で聴取

大阪府警東淀川署が児童虐待が疑われる子供を交番で保護し、通報した女性とその子の母親を同席させたうえ、その場で女性の連絡先などを聴取。 「警察官の自覚足りない」「意識が低すぎる」不適切聴取の府警に批判 虚偽調書作成や証拠品の注射器の捏造(ねつぞう)など不祥事が相次いで発覚している大阪府警。今回のケースは、事件の利害関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府警巡査長の痴漢、被害女性が顔撮影

大阪府警茨木署地域課の巡査長が、出勤途中に近鉄京都線の電車内で女性の太ももをスカートの上から触ったところを現行犯逮捕された。  大阪府警また! 巡査長が出勤中の電車で痴漢 京都府警は13日、京都府迷惑行為防止条例違反の疑いで大阪府警茨木署地域課の巡査長北口俊成容疑者(38)=京都府京田辺市=を現行犯逮捕した。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

虚偽報告問題で、伊勢原署・署長が被害者に謝罪

神奈川県警・伊勢原署の警部補がウソ報告をしていた問題で、署長は「事件は防げたかもしれない」と認めて被害者に謝罪した。 伊勢原の切り付け:殺人未遂で元夫起訴 防止の機会失う 警官の判断ミス、虚偽報告で /神奈川 伊勢原市の路上で女性(31)が元夫に刃物で刺され重傷を負った事件は、担当警察官による虚偽報告などが明ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪・布施署の元巡査長を在宅起訴

多数の海水浴客がいる前で少女とわいせつな行為をした大阪府警布施署の永田昌也元巡査長(28)を、 大阪地検は在宅 起訴。 海水浴客らいる場所で性行為、元警官を在宅起訴 大阪府貝塚市で昨年7月、海水浴客らのいる場所で少女と性行為をしたとして、大阪地検は11日、布施署の元巡査長・永田昌也容疑者(28)(懲戒免職)を公然わい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more