電車内で警部が下半身露出=減給10分の1

電車内で下半身露出した警部を北海道警は10日、減給1カ月。奈良県警は同日、事故を装い保険金を騙し取ろうとした巡査を停職1カ月。愛媛県警は同僚を和ませようと銃口を向けた巡査部長を停職3か月。兵庫県警は酒に酔い線路歩いて電車を止めた巡査部長を本部長訓戒と決定、実名は伏せてそれぞれ発表した。



家宅捜索時、警官が容疑者に足払い 福岡地裁が違法指摘

大阪府警の警察官が2009年7月、覚醒剤取締法違反の疑いなどで大阪市浪速区のマンションを家宅捜索した際、住所不定、無職の男性(43)に足払いをして転倒させる暴行をしていたことがわかった。福岡地裁(駒田秀和裁判官)は昨年12月、別の同法違反(使用)罪で男性に有罪を言い渡した判決で暴行を認め、違法な行為と指摘した。
男性は、ほかにも暴行を受けたとして控訴したが、福岡高裁(服部悟裁判長)は10日の控訴審判決で暴行の有無は判断せず、控訴を棄却した。男性は上告しない方針で、府警の違法行為を認めた一審判決が確定する見通し。
一審判決によると、府警は09年7月23日にマンションを家宅捜索。逃げようとした男性の両脇を署員2人が抱え、別の署員が足払いをして仰向けに転倒させ、腰を両手で押さえつけた。判決は、当日に撮影された男性の写真や、法廷での署員の証言から暴行を認定。現場には他にも警察官がいて逃走のおそれは低かったとして、「許されない違法な行為」と指摘した。
(2011年6月11日12時0分 朝日新聞社)






22歳巡査 虚偽の事故装い修理代金などを請求

奈良県警監察課は10日、虚偽の事故を装い、軽乗用車の修理代金などを保険会社に請求したとして、詐欺未遂の疑いで、警備部機動隊の男性巡査(22)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査は同日、依願退職した。
送検容疑は今年1~2月に2回、父親が運転していた車に飛び石が当たりバンパーなどが傷ついたと偽って、損害保険会社に修理代など約24万円を請求する書類を郵送した疑い。
監察課によると、巡査は1月中旬、父親の車を運転中にバンパーを傷つける事故を起こした。保険に加入している父親の運転中に飛び石が当たったとして、修理代を請求したが、保険会社が父親に問い合わせ、父親の運転中の傷ではないことが分かった。
(2011年6月11日 06:00 スポーツニッポン)
----------------------------------------------------------
父に叱られる…巡査が偽って自動車保険請求

保険会社から自動車修理のための保険金をだまし取ろうとしたとして、奈良県警は10日、県警機動隊の男性巡査(22)を詐欺未遂容疑で奈良地検に書類送検し、停職1か月の懲戒処分にした。
巡査は同日付で依願退職した。
県警監察課の発表では、巡査は1月、軽乗用車を自宅門扉にぶつけてバンパーを壊す事故を起こしたが、保険会社には父親が運転中に、飛んできた石で破損したと偽って保険を請求。修理費など約24万円をだまし取ろうとした疑い。保険会社が父親に確認して発覚した。
調べに対し、「父親に叱られると思い、保険料率が上がらないよう、飛び石で壊れたことにした」と供述しているという。
堂藤重敏・県警首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。県民におわびすると共に、再発防止に努める」とコメントしている。
(2011年6月10日19時18分 読売新聞





酔った警官、線路歩いて電車止める…訓戒処分

兵庫県宝塚市内で5月、酒に酔って線路内に立ち入り、電車を止めた灘署の男性巡査部長(48)について、県警は10日、本部長訓戒処分にし、鉄道営業法違反容疑で地検伊丹支部に書類送検した。
巡査部長は同日、依願退職した。
県警によると、巡査部長は5月6日午後4時50分頃、宝塚市中筋山手の阪急宝塚線中山―山本駅間の上り線路内を酒に酔って歩き、走行してきた下り急行電車を停止させた。
巡査部長は同日、泊まり勤務終了後に大阪・梅田のホテルへ行って、昼過ぎから1人で飲酒。阪急電車で帰宅中、寝過ごしたため中山駅で下車したという。
(2011年6月11日09時25分 読売新聞

----------------------------------------------------------
鉄道営業法違反:容疑で巡査部長を書類送検--県警/兵庫

県警は10日、阪急宝塚線の線路上を歩き、電車を止めたとして、灘署地域課の巡査部長(48)を鉄道営業法違反容疑で神戸地検伊丹支部に書類送検し、本部長訓戒の処分とした。巡査部長は同日付で辞職した。
監察官室によると巡査部長は、5月6日午後4時50分ごろ、宝塚市中筋山手1の阪急宝塚線の線路上を歩き、電車を停止させた、とされる。巡査部長は非番で大阪市内のホテルで1人で飲酒。ビール3本、焼酎3杯を飲んだ帰りで、呼気1リットルあたり0・65ミリグラムのアルコールが検知された。このトラブルで急行電車が約4分間停車し、約1000人に影響した。【山口朋辰】
(2011年6月11日 毎日新聞 地方版)

----------------------------------------------------------
泥酔巡査部長 線路内に侵入し電車止める

兵庫県警は10日、酒に酔って鉄道の線路内に立ち入り、電車を止めたとして、鉄道営業法違反の疑いで灘署地域課の男性巡査部長(48)を書類送検し本部長訓戒とした。巡査部長は同日、依願退職。「家庭のことで悩んでいた」と話しているという。
送検容疑は5月6日午後4時50分ごろ、兵庫県宝塚市中筋山手の阪急電鉄宝塚線の線路に立ち入った疑い。電車は約4分間停止。車掌が電車に乗せ、宝塚駅で県警に引き渡した。
県警によると、巡査部長は宝塚市在住だが、立ち入った場所は自宅の最寄り駅近くではなく「どこで電車に乗って、どこで降りたかも覚えていない」と話している。6日午前に宿直勤務を終えた後、酒を飲んでいた。
(2011年6月11日 06:00 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
阪急電車止めた警察官を書類送検 「家庭で悩み」酒に酔い 兵庫県警

兵庫県警は10日、酒に酔って鉄道の線路内に立ち入り、電車を止めたとして、鉄道営業法違反の疑いで灘署地域課の男性巡査部長(48)を書類送検し、本部長訓戒とした。
巡査部長は同日「組織に迷惑をかけた」として依願退職。「家庭のことで悩んでいた」と話しているという。
書類送検容疑は5月6日午後4時50分ごろ、兵庫県宝塚市中筋山手の阪急電鉄宝塚線の線路に立ち入ったとしている。電車は約4分間停止。車掌が電車に乗せ、宝塚駅で県警に引き渡した。
県警によると、巡査部長は宝塚市在住だが、立ち入った場所は自宅の最寄り駅近くではなく、「どこで電車に乗って、どこで降りたかも覚えていない」と話している。6日午前に宿直勤務を終えた後、酒を飲んでいた。
(2011.6.10 18:40 MSN産経ニュース)





「和ませてやろう」と後輩に拳銃示した警官停職

後輩の警察官に正当な理由なく実弾入りの拳銃を示したとして、愛媛県警監察官室は10日、新居浜署地域課の男性巡査部長(32)を銃刀法違反(目的外所持)容疑で地検に書類送検し、同日付で停職3か月の懲戒処分としたと発表した。
後輩は当初「銃口を向けられた」と上司に訴えたが、後に説明があやふやになったといい、巡査部長は銃口を向けたことについては否定しているという。
発表では、巡査部長は4月20日午後9時50分頃、新居浜市久保田町の同署で、同署地域課の20歳代男性警察官に対し、腰に付けるホルダーから拳銃を取り出して示した疑い。
巡査部長は当直勤務中で拳銃を携帯。残業していた後輩がパソコンのプリンターの扱いに手間取っていたのを見て、「肩に力が入っているので、気持ちを和ませてやろう」と思い、背後から「ほれ」と拳銃を示したという。
後輩は翌21日午前1時、当直責任者の警部(50)に報告。巡査部長は「いたずら心からちょっかいを出した。情けなくて恥ずかしい」と釈明しているという。阿部克彦・首席監察官は「全職員に拳銃の取り扱い指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。
(2011年6月11日08時50分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
銃刀法違反:容疑で送検の新居浜署員、県警が停職 後輩に銃口向ける?/愛媛

勤務中、必要がないのに腰に付けた拳銃入れから拳銃を取り出し、別の男性警察官に見せるなどしたとして、県警は10日、新居浜署地域課の巡査部長(32)を銃刀法違反の容疑で松山地検に書類送検した。男性警察官に銃口が向いていた可能性もあり、県警は巡査部長を停職3カ月の懲戒処分とした。また、当日の当直責任者だった警部(50)注意処分にした。
送検容疑は巡査部長は4月20日午後9時50分ごろ、新居浜署内で拳銃を取り出し、残業中だった同じ課の男性警察官(20歳代)に声を掛けながら数秒間、拳銃を見せた、としている。2人の距離は約1メートルだった。
県警監察官室によると、巡査部長は「仕事に追われている男性警察官を見て、和ませようという気持ちで、ちょっとしたいたずら心から拳銃を取りだした。銃口は相手に向けないように注意していた。申し訳ない」などと話しているという。
阿部克彦首席監察官は「拳銃の取り扱いに関する指導を徹底し再発防止に努める」とコメントを出した。【村田拓也、高谷均】
(2011年6月11日 毎日新聞 地方版)

----------------------------------------------------------
新居浜署巡査部長、拳銃見せ停職3カ月 愛媛県警

愛媛県警は10日、勤務中に拳銃を後輩の警察官に見せるなど不適切に取り扱ったとして、新居浜署地域課の男性巡査部長(32)停職3カ月の懲戒処分とした。県警は同日、銃刀法違反容疑で巡査部長を松山地検に書類送検した。
県警監察官室によると、巡査部長は4月20日午後9時50分ごろ、同署内で地域課の後輩の20代の警察官に対し、所持していた拳銃を拳銃入れから取り出し、数秒間見せるなどしたとされる。県警の調べに対し、巡査部長は「冗談のつもりだった」などと説明。銃口は向けていないという。
このほか、当時の宿直責任者で、同署課長の男性警部(50)所属長注意とした。
(2011.6.11 02:10 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
同僚に拳銃見せて弄ぶ、警官を書類送検

今年4月、警察署内で拳銃を同僚の警察官に見せて弄ぶなど不適正に取り扱ったとして、愛媛県警新居浜署に勤務する男性巡査部長(32)が10日、銃刀法違反の疑いで県警から書類送検された。
巡査部長は今年4月20日夜、警察署内で職務上正当な目的がないのに実弾が入った拳銃を取り出し、同じ地域課の警察官に見せて弄ぶなどした銃刀法違反の疑いが持たれている。
県警監察官室の調べに対し、巡査部長は拳銃を取り出した理由について、「イタズラ心から相手の気持ちを和ませようとした」と話している。これに対し、地域課の警察官は「銃口を向けられた」と説明している。
県警は、巡査部長を銃刀法違反の疑いで松山地検に書類送検するとともに、停職3か月の懲戒処分とした。
(2011年6月10日 22:06 日テレNEWS24)





酔いどれ警部 電車内“開チン”で懲戒処分

北海道警監察官室は10日までに、公然わいせつの疑いで札幌市内の警察署に勤務する40代の男性警部を書類送検し、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。送検容疑は、2月中旬、JR函館線の車内で下半身を露出した疑い。
監察官室によると、警部は勤務終了後、札幌市内で同僚と酒を飲み、帰宅する途中だった。近くにいた乗客が気付いて電車から降ろし、駅員に引き渡した。調べに対し「酔っていて覚えていない。申し訳ない」と供述しているという。
(2011年6月11日 06:00 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
電車内で下半身露出=警部を書類送検、減給―北海道警

電車内で下半身を露出したとして、北海道警は10日までに、札幌市内の警察署に勤務する40代の男性警部を公然わいせつ容疑で書類送検し、減給1カ月の懲戒処分とした。道警監察官室によると、警部は「酔っていて覚えていない」と話している。
書類送検と懲戒処分は2日付。
送検容疑は2月中旬、JR函館線の車内で下半身を露出した疑い。 
[時事通信社]
(2011年6月10日14時6分 朝日新聞社)

----------------------------------------------------------
電車内で下半身露出=警部を書類送検、減給-北海道警

電車内で下半身を露出したとして、北海道警は10日までに、札幌市内の警察署に勤務する40代の男性警部を公然わいせつ容疑で書類送検し、減給1カ月の懲戒処分とした。道警監察官室によると、警部は「酔っていて覚えていない」と話している。
書類送検と懲戒処分は2日付。
送検容疑は2月中旬、JR函館線の車内で下半身を露出した疑い。
(2011/06/10-13:18 時事ドットコム

----------------------------------------------------------
警部が公然わいせつ、JR社内で下半身露出「覚えていない」

北海道警監察官室は10日までに、公然わいせつの疑いで札幌市内の警察署に勤務する40代の男性警部を書類送検し、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。
送検容疑は、2月中旬、JR函館線の車内で下半身を露出した疑い。
監察官室によると、警部は勤務後、札幌市内で同僚と酒を飲み、帰宅する途中だった。近くにいた乗客が気付いて電車から降ろし、駅員に引き渡した。調べに対し「酔っていて覚えていない。申し訳ない」と供述しているという。
(2011.06.10 ZAKZAK)

"電車内で警部が下半身露出=減給10分の1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント