大阪府警の6人らが注意した乗客を威嚇し暴行

大阪府警の6人が、酒に酔って電車のつり革につかまり宙返りするなど大騒ぎ。注意した勇気ある市民を威嚇した暴力警察(組織)を、NEWS23クロスだけが報道。




NEWS23クロス(2011.10/25)
画像
○膳場貴子
大阪府警の警察官が、酒に酔って電車のつり革につかまって宙返りするなど大騒ぎしているのを、乗客の男性が注意しました。えぇ、これだけでも警察官のモラルが問われる話ですが、男性は「逆ギレした警察官に頭を殴られた」として、被害届けを出す予定です。
画像
トラブルは、先週金曜日の夜JR大和路線の車内で起きた。車内の中央付近に写るスーツ姿の男達。大阪の八尾駅から乗車した6人組で、飲み会帰りなのか酔っ払った状態で、車内で騒ぎ出した。
画像
その後一人がつり革につかまって懸垂。さらに体操の吊り輪のような回転技と迷惑行為が続いたという。

画像
画像
これをみかねた乗客の男性は「大きな声を出してたりとか、騒いだりとかしてましたので、それがいつまでも続くんで注意しました。」
画像
「なんやオマエは みたいな感じで、こう立っている人たちに囲まれて」
画像

男らは男性に顔を近づけて威嚇し、頭を2回叩いたという。
画像
「逆切れみたいな感じだったので、本当にもう正直、そういう系の方かと思う感じでした。」

画像
男性は110番通報し、駆けつけた警察官と一緒に、グループの男一人を連れて近くの警察署へ行った。
画像
そこで相手の身分をはじめて知る。
画像
「その時、言葉を失ってしまったというか、怒りが沸いてきた感じですね。」
画像
車内で騒いでいた6人は、全員が大阪府警の現職警察官。中には迷惑行為を取り締まる生活安全課の係長らもいた。
画像
男性は警察官が暴力を振るったとして、被害届けを出す予定だ。




酔っ払い警官6人、電車内で逆上がり 注意されて暴行か

大阪府警の警察官6人が21日深夜、飲酒した後に乗った電車内で、つり革で逆上がりするなどして騒ぎ、注意した男性乗客が「頭をはたかれた」と訴えていることが府警への取材でわかった。6人は騒いだことを認めているといい、府警は暴行があったかを調べている。
天王寺署によると、6人はいずれも男性で20~50代。2人は生活経済課所属で、4人は八尾署員。全員が私服姿だった。
6人は大阪府八尾市内で5時間程度飲酒した後、JR八尾駅から乗車。車内のつり革で懸垂したり、逆上がりしたりしたという。午後11時45分ごろ、30代の男性乗客が注意したところ言い争いになり、男性が車内から110番通報した。男性と警察官1人が天王寺駅で降り、天王寺署に向かったという。
(2011年10月25日23時56分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
大阪府警:警察官6人、車内でトラブル 乗客に暴行の疑い

大阪府警の男性警察官6人が今月21日夜、JR関西線の車内で騒ぎ、30代の乗客の男性とトラブルになっていたことが25日、府警への取材で分かった。警察官らは酒に酔っていたという。男性は「(警察官に)注意したら、頭を2度はたかれた」と訴えており、府警天王寺署が暴行の疑いで調べている。
府警によると、6人はJR関西線の八尾-天王寺駅間の車内で、つり革で懸垂したりするなど騒いだため、男性が注意して口論になったという。男性は天王寺駅で降り、天王寺署員に相談した。6人は八尾署の4人と府警生活経済課の2人で、騒いだことは認めているという。6人は勤務後にJR八尾駅近くの居酒屋で酒を飲んでいた。【山田尚弘】
(2011年10月25日 23時12分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
酔って電車内で懸垂、通報された6人みな警官

大阪府警の男性警察官6人が21日夜、酒に酔ってJR関西線の電車内のつり革で懸垂するなどし、110番されていたことがわかった。
注意した乗客の男性は「警察官に頭をたたかれた」と訴えており、通報を受けた天王寺署は男性から被害届が出れば、暴行などの容疑で捜査する方針。
同署によると、6人は20歳代~50歳代で、2人は府警生活経済課、4人は八尾署生活安全課に所属。21日夜、同府八尾市内で酒を飲んだ後、同日午後11時35分頃、八尾駅から奈良発JR難波行き普通電車に乗り込んだ。その後、つり革にぶら下がったり、懸垂をしたりして騒いでいたところ、30歳代の男性会社員に注意され、110番されたという。
6人と会社員は天王寺駅で電車を降り、天王寺署で事情を聞かれた。会社員は「通報中に天王寺駅で無理やり降ろされ、頭を2回たたかれた」と説明。6人は、騒いだことは認めているという。
(2011年10月25日23時08分 読売新聞

----------------------------------------------------------
警官6人、酒酔い電車で騒ぐ=注意の乗客「たたかれた」―大阪府警

大阪府警の警察官6人が飲酒した帰りに電車内でつり革にぶら下がるなどして騒ぎ、注意した乗客が頭をたたかれたと申告していることが25日、府警への取材で分かった。6人は「悪ふざけはあった」と認めており、府警は暴行の有無についても調査している。
府警天王寺署によると、6人は20~50代。2人は生活経済課に所属し、残る4人は八尾署員。
6人は21日午後11時半すぎ、八尾市内で飲んだ後、JR八尾駅から乗車。天王寺駅までの車内で騒ぎ、一部の警察官はつり革で懸垂をしたり、逆上がりをしたりしていたという。
乗客の30代男性が注意したが、トラブルとなり、車内から110番。天王寺駅で下車し、駆け付けた天王寺署員に「頭を2回たたかれた」と申告した。男性の被害届は出ていないが、同署が6人から事情を聴いている。 
[時事通信社]
(2011年10月25日23時6分 朝日新聞 )

----------------------------------------------------------
大阪警察官6人が電車内で騒ぐ 注意した乗客とトラブル

大阪府警の男性警察官6人が電車内で騒ぎ、注意した乗客とトラブルになっていたことが25日、府警天王寺署への取材で分かった。同署によると、一部は酒に酔っており、乗客は「頭を2回はたかれたり、腕をつかまれたりした」と話している。
同署は乗客の男性から被害届を受理し次第、暴行容疑などで6人から事情を聴く方針。
同署によると、警官6人は21日午後11時35分~同45分ごろ、大阪市などを走行中のJR関西線の車内で、つり革につかまって懸垂をしたり逆上がりをしたりして騒いでいた。近くにいた30代の男性会社員が注意したところ、トラブルになった。
(2011/10/25 22:08 共同通信 47NEWS)

----------------------------------------------------------
警官6人が電車内で騒ぎ乗客とトラブル

大阪府警の男性警察官6人が電車内で騒ぎ、注意した乗客とトラブルになっていたことが25日、府警天王寺署への取材で分かった。同署によると、一部は酒に酔っており、乗客は「頭を2回はたかれたり、腕をつかまれたりした」と話している。
同署は乗客の男性から被害届を受理し次第、暴行容疑などで6人から事情を聴く方針。
同署によると、警官6人は21日午後11時35分~同45分ごろ、大阪市などを走行中のJR関西線の車内で、つり革につかまって懸垂をしたり逆上がりをしたりして騒いでいた。近くにいた30代の男性会社員が注意したところ、トラブルになった。
男性が同11時45分ごろ、「頭をはたかれた」と110番し、男性と警官1人が天王寺駅で下車。天王寺署での聴取で警察官であることが判明した。ほかの5人は下車せず、そのまま電車で帰宅した。
同署によると、6人ともトラブルになったことは認めている。6人は勤務後の同日午後6時すぎから約5時間、八尾駅近くで飲食していた。
6人のうち2人は府警生活経済課、4人は八尾署生活安全課に勤務。警部補が2人含まれている。
(2011年10月25日22時12分 スポーツ報知)
25日のNEWS23クロスはトップニュースでタイの洪水「危機的状況」として感電死が12人以上出たこと、次に各局がそろって報じた覚せい剤密輸の日本人女性に死刑判決。大阪府警の6人が電車で騒いだことを3番目に報じた。
先週中国で女児がひき逃げされ、通行人が見てみぬ振りして、テレビ各局が大々的に道徳欠如だと批判し続けていたが、暴力団排除条例で芸能界や市民の魔女狩りは煽っても、毎日のように不祥事か起き「警官の道徳心が失われた」たことは、これまでどの局も黙殺(5月頃は各局警察不祥事も確認できた)している。


18人が素通り…荒む中国?ひき逃げ女児放置‎
画像
女児(右手前)が白い車にひかれる直前の状況をとらえた防犯カメラの映像(13日、AP)
画像
車にひかれ、倒れた女児(手前)のそばを自転車で素通りする人(13日、AP)

中国広東省仏山市で、女児(2)がひき逃げされ、現場を18人が通りかかったのに救助されることもなく路上に放置される事件が発生し、人々の心の荒廃を嘆く声が広がっている。
事件は最近のモラル崩壊を示す氷山の一角といえ、インターネット上で批判が巻き起こっている。
中国メディアによると、事件が起きたのは13日夕。仏山市の金物市場で、ワゴン車が路地を横断中の女児をはね、そのまま逃走。その後、通りかかった18人は路上でもがく女児の様子をのぞき込むなどしながらも救助せずに放置し、女児は別のトラックにも両足をひかれた。
女児はワゴン車にはねられてから7分後、ゴミ収集業の女性(58)によって病院に運ばれたが、21日に広州の病院で息を引き取った。ネット上には一部始終を撮影した防犯カメラの映像が流出。これを見た人々の間から「あまりに冷酷で心が寒くなる」「18人と同じ中国人であることが恥ずかしい」「社会から道徳心が失われた」などの批判が噴出した。
(2011年10月25日11時17分 読売新聞

----------------------------------------------------------
中国で車にひかれ放置の女児死亡 事故9日目、批判殺到

中国広東省で、車にひかれ、倒れて苦しむ女児(中央下)のすぐ脇を歩いて素通りする若い男性(インターネット上に流れた防犯ビデオ映像より、共同)

中国広東省で、車にひかれ、倒れて苦しむ女児(中央下)のすぐ脇を歩いて素通りする若い男性(インターネット上に流れた防犯ビデオ映像より、共同)
【香港共同】中国広東省仏山市で車にひかれた後、通行人からも放置され、瀕死の状態で病院に搬送された2歳の女児が21日未明、死亡した。地元紙、南方日報が短文投稿サイト「微博」の公式ページで伝えた。
死亡の情報はインターネットを通じて広まり、「かわいそう」「天国に行って」と悲しみの声があふれたほか、路上で苦しむ女児が、見て見ぬふりをされて見殺しになったことに「この社会は本当に腐っている」と憤る声も上がり、中国社会で波紋が広がっている。
この女児は13日夕、自宅近くの商店街でワゴン車にひかれた。通行人18人が素通りし、別のトラックにも両脚をひかれた。
(2011/10/21 19:27 【共同通信】47NEWS)

----------------------------------------------------------
道徳社会へ弁護士団結=ひき逃げ事件、女児は死亡−中国

【北京時事】中国広東省でひき逃げされた2歳の女児を通行人が助けず、薄情で無責任な中国社会の現実に衝撃が走る中、有名弁護士20人以上が団結し、道徳社会を構築しようと「冷漠(薄情)停止連盟」を立ち上げることが21日までに分かった。
 遅夙生、胡益華両氏ら著名弁護士がミニブログ「微博」で宣言した。女児ひき逃げでは素通りした18人の通行人に批判が集中したが、自分に疑いの目が向けられるのを避けるために助けようとしないケースが多い。このため弁護士は「連盟」を発足させ、困っている人の手助けをして万が一疑いが掛けられれば、無料で法律面での支援を行うことにしたという。
(2011/10/21-17:04 時事通信)

----------------------------------------------------------
ひき逃げされた女児助けず 中国で「薄情な社会」論議

中国広東省仏山市で今月、ひき逃げされた2歳の女児が、現場を通りかかった人たちに救助されなかったため、さらに別の車にひかれ重体となる事故が起きた。人心の荒廃と「冷漠社会(薄情な無関心社会)」の象徴として、中国社会に大きな衝撃を与えている。
複数の地元メディアによると、一部始終は現場の防犯カメラに映っていた。13日夕、金物の卸売業者が集まる地区の路上で「悦悦ちゃん」がワゴン車にひかれた。それから18人が現場を通りかかったのに路上で苦しむ悦悦ちゃんを助けようとせず、後から来た別のトラックにもひかれた。
最初の事故から7分後、ゴミ収集をしていた女性がようやく悦悦ちゃんを抱き起こして救急車を呼んだが、悦悦ちゃんは19日現在も意識不明の重体だ。
省政府は18日、学者や婦人団体幹部らを集めて緊急討論会を開催。救助を怠った市民への罰則の検討を求める意見も出たという。
テレビや新聞は高い関心を示す。地元有力紙南方都市報は19日、5ページを割いてこの事件を特集。悦悦ちゃんの容体のほか、救助義務に関する海外の法律や市民の声を紹介するなど、7月の温州・高速鉄道事故並みの手厚い報道ぶりだ。
ネット上では「経済発展の末の道徳の空白。民族の悲哀だ」「自分が現場を通りかかったらどうしていただろうか」といった書き込みが相次いでいる。
(広州=林望)
(2011年10月19日22時7分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
中国:ひき逃げ2歳児、18人見て見ぬふり 人心荒廃嘆く

◇広東地元テレビがビデオ流す ネットで批判殺到、人民日報「道徳向上を」
画像
【上海・隅俊之】中国広東省仏山市の路上で今月13日、2歳の女児が車にひき逃げされたのに、通りかかった18人が助けようとせず、女児は別の車にひかれてしまった。女児はその後、病院に運ばれたが、意識不明の状態。地元テレビ局が放送した現場の防犯ビデオの映像には、路上に倒れて苦しむ女児をよけたり、バイクを止めてのぞき込んだ後に通り過ぎたりする人々の姿があり、「物質的に豊かになった半面で人心が失われた」「社会の道徳心は地に落ちた」との嘆きが中国全土に広がっている。
事故は、仏山市南海区の金属製品の卸問屋が並ぶ狭い路地で起きた。ビデオ映像や現地からの報道によると、13日午後5時半ごろ、道路を横切ろうとした女児を白いワゴン車が右側前輪でひき、そのまま逃走。倒れた女児は手を動かすなど助けを求めていたが、救助されるまでの数分間、18人がバイクや徒歩で横を通りすぎた。
女児は当時、幼稚園から帰宅した後、洗濯をしていた母親が目を離したすきに外出。自宅から約100メートル離れた現場近くで事故に遭った。廃品回収業の女性(58)が「誰の子だ」と女児を抱えながら付近を歩き回り、母親が異変に気づいて救急搬送された。
インターネットの中国版ツイッター「微博」上では、この18人に対し「冷血動物だ」などの批判が殺到。「発展とともに私たちの社会の中に(面倒なことに関わりたくないという)計算や欺く気持ちが広がっている」と社会道徳の崩壊を嘆く声が圧倒的多数を占めた。
反響が社会全体に広がったことから、中国共産党機関紙「人民日報」も18日、「私たち皆が(現場に遭遇する)赤の他人になりうるのだ」と題した論評を掲載。「文明社会の公民の責任にも関わる問題だ」と断じ、道徳意識の向上を求めた。
2番目にひいた男は13日に、最初の男も16日に逮捕された。調べに対し、自首した男は「物をひいたと思ったが、子供とは思わなかった」と供述。「自分にも生後9カ月の娘がおり、心苦しい」と後悔しているという。
また、18人のうち5歳の子供と通りかかった女性は、地元紙に対し「口と鼻から血を流し、小さな声で泣いていた。怖くなって、自分の子供も泣き出し、その場を離れてしまった」と悔やんでいた。
女児は人工呼吸器につながれた状態。母親は「最初にひかれた時に誰かが通報してくれていれば」と心情を吐露。事故直後、父親が近所に情報を求める張り紙を掲載し、自分の携帯電話番号を記したところ、「カネは払うが捕まりたくない」「1万元でどうだ」などと犯人を装ったいたずら電話も複数あったといい、家族は二重の苦しみに遭っている。
一方、18人が通りすぎた背景として、06年に江蘇省南京で起きた“事件”を指摘する声もある。
中国メディアなどによると、バス停で転倒してけがをした高齢の女性を、若い男性が善意で病院に搬送。ところが、逆に女性から「この男に突き落とされて骨折した」と主張され、損害賠償金を払わされる羽目になったという。
微博上には、「善意を逆手にとられてしまうような社会では、関わらない方がましだ」と18人を擁護する意見も掲載されている。
(2011年10月19日 毎日新聞 東京朝刊)

----------------------------------------------------------
瀕死の女児を見て見ぬふり 中国、道徳崩壊に批判
画像
中国広東省で、車にひかれ、倒れて苦しむ女児(中央下)のすぐ脇を歩いて素通りする若い男性(インターネット上に流れた防犯ビデオ映像より、共同)

中国広東省仏山市で女児(2)が車にひかれ、血を流して倒れているのに通り掛かった18人の人々は誰も助けようとせず、女児は別の車にもひかれた後に病院に搬送、意識不明の状態が続いている。現場の一部始終を収めた防犯ビデオ映像がインターネット上に出回り、「中国の経済は発展したが、道徳は失われた」などと嘆きの声が相次いでいる。
中国紙などによると、女児が事故に遭ったのは13日夕方。映像によると現場は商店街の幅約4メートルの道路で、女児は道路を渡っていたところをワゴン車にひかれた。ワゴン車は走り去った。
女児は路上でうずくまり、苦しんでいたが、通行人の若い男性や子連れの母親、バイクや自転車に乗った人々計18人は女児に目をやりながらも素通りし、女児は別の車にも両脚をひかれた。(共同)
(2011.10.17 18:33 - MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
2歳女児ひき逃げを通行人18人が見て見ぬふり・・2度ひかれる

報道によると13日、広東省仏山市でひき逃げされた2歳の女の子が路上に放置されたまま2度ひかれるという悲劇が起きた。この間18人の通行人が女の子のそばを通りながら誰も女の子を助けなかったという。
13日午後5時半ころ、広東省仏山市南海の広仏五金城(金属製品の問屋街)で、2歳の女の子がライトバンにはねられた。ライトバンはそのまま逃走し、女の子は血を流して倒れたまま現場に放置された。そして事故後7分間の間に18人もの通行人が倒れた女の子のすぐそばを通りつつ誰も助けず、警察にも通報せず、路上に放置されたままの女の子は再び別のトラックにひかれてしまった。2度目にひかれた後、ようやく一人の女性が女の子に駆けより助け起こし、警察と救急に通報した。
16日までにライトバンとトラックのそれぞれの運転手は逮捕されたが、全身骨折、頭蓋骨折、脳挫傷と満身創痍の女の子は現在脳死状態だという。
今回は事故現場近くに設置されていた監視カメラに事故の一部始終が記録されていたため、倒れている女の子を無視した通行人が18人ということがわかった。
またひき逃げした車両も特定されたが、当初は運転手が捕まらなかった。事故の報道で、女の子の父親が情報提供のために携帯番号を公開したところ、ひき逃げした男から電話がかかってきたという。だが驚いたことに、男は反省するどころかせせら笑いながら女の子が突然飛び出してきて車にぶつかったので自分は悪くない、逮捕される理由がないと言い放ったと言う。だがこの電話により男が特定できたため逮捕につながったと言う。
女の子は現在、広州軍区広州総医院の集中治療室で治療を続けているが脳死状態となっている。医師の話では、最も楽観的な見通しで植物人間になる、だが恐らく現状を維持するのは困難だろうと悲観的な診断を下している。
女の子を助けなかった18人の通行人も特定されており、事件を知った市民からは「冷血動物」と厳しい批判にさらされている。そのうちの「8匹目の冷血動物」と呼ばれている8番目の通行人は近所に住む4歳の娘がいる女性だ。血を流して倒れている女の子が虫の息だということがわかったが、恐ろしくて近づけなかったという。4歳の娘も女の子のすぐ傍まで見に行き、女の子が血だらけで泣いていて怖かったと話している。また他にも女の子を遠巻きにして何人かいて、お互いに「あんたの子か?」「いや違う、関係ない」などと言葉を交わしていたが誰も助けるとか通報するとかの行動に出なかったという。
女の子の両親は2003年に山東省から仏山市に来て金物屋を開いた。女の子は兄がいて一緒に学校へ行くのを楽しみにしていたがまだ2歳4カ月で、9月に幼稚園に入ったばかりだった。母親はせめて最初にひかれた後に誰かが助けてくれたら良かったのにと涙にくれている。
事故が起きた場所は狭い路地に小売問屋が軒を連ね、荷物を乗せたトラックや荷車が歩道や車道にはみ出している乱雑な通りだ。広東省に数多くある小売問屋街はどこも同じような状況で、交通法規など存在しないに等しい。見て見ぬふりをした18人は血に染まって倒れている女の子を見て足がすくんでしまったのだろうか。冷血動物と批判されない行動をとる勇気を誰もが持たなければならないだろう。 (aoyun)
〔2011年10月17日掲載 エクスプロア中国
テレビ司会者らが「瀕死の女児を見て見ぬふり」の中国を批判していたが、数年前に電車内でのレイプを老若男女の大勢の乗客たちが、見て見ぬふりをしていた事が度々話題になっていたため、巻き込まれたくないという考えは日中大差ない。

・見て見ぬふり①
・見て見ぬふり②





"大阪府警の6人らが注意した乗客を威嚇し暴行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント