警視庁が監視怠りパトカー内で容疑者自殺!

台湾人留学生の2人が殺害された事件の容疑が、警視庁の捜査員に名古屋市内で拘束されたが、隠し持っていた刃物で容疑者は自殺した。警視庁は今後の所持品検査の徹底を強調し、監視怠った事はメディアも問題にしなかった。
画像





身体検査で見落とした刃渡り11センチの果物ナイフ

張が発見されたのは名古屋市中区のビルの地下1階。携帯電話の電波で名古屋市内にいることをキャッチした捜査員が、張がアイドルグループ「SKE48」のファンだったことからビル内の劇場で張り込んでいたところ張を発見した。
画像
任意同行を求め、捜査車両の後部座席に捜査員が挟むように張を座らせ、市内の警察署に向かう途中、隠し持っていた果物ナイフ(刃渡り11センチ)で自分の首を刺した捜査員は張のコートやズボンのポケットなどの持ち物を調べ、持っていたバッグも預かったが、腹部に隠し持っていたナイフには気付かなかった
車の中で張は中国語で「2人には申し訳ないことをした。果物ナイフを使って刺した」と話したという。また、殺害した2人のうち1人の留学生(22)に「交際を申し込んだが、12月ごろから冷たくされた」と犯行動機らしきことも口にしていた。(続く)
(2012/1/10 15:05 J-CASTニュース)

----------------------------------------------------------
所持品検査の不徹底認める=任意同行の容疑者自殺―台湾女子留学生2人刺殺・警視庁

東京都台東区のマンションで台湾人の女子留学生2人が刺殺された事件で、殺人容疑で指名手配されていた台湾籍の張志揚容疑者(30)が警視庁捜査員による任意同行中に自殺したことを受け、警視庁は10日、再発防止に向け、全捜査員に緊急通達することを決めた。
同庁の住友一仁組織犯罪対策総務課長は「自殺されたのは極めて遺憾。本人の了解を取り、所持品検査を徹底的に実施するべきだった」などと、対応に問題があったことを認めた
通達は同日中に出され、所持品検査徹底のほか、車で容疑者を同行させる際、動向を徹底的に監視することや、身柄確保の前に注意事項を確認することが盛り込まれる。[時事通信社]
(2012年1月10日13時6分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
身体検査に問題 台湾女性2人殺害の容疑者自殺で

東京・台東区のマンションで台湾人留学生の女性2人が殺害された事件で、殺人容疑で指名手配されていた台湾籍の張志揚容疑者(30)が2012年1月9日、警視庁捜査員の任意同行中に刃物で首を刺して自殺した。
各紙報道などによると、張容疑者は名古屋市中区内の「SKE48劇場」が入る商業ビル地下1階で発見された。その後、車で愛知県警中署に移動したが、正面玄関に着いた直後に、車内にいた張容疑者がズボンの中に隠し持っていた果物ナイフで自分の首を刺したという。警視庁は10日、任意同行前の身体検査などに問題があったことを認め、捜査担当の各部署や各警察署に再発防止に向けた緊急通達を出すことを決めた
(2012/1/10 12:46 J-CASTニュース)

----------------------------------------------------------
2回“検査”もナイフ気づかず 任意同行中に自殺

台湾出身の留学生2人を殺害したとして公開手配されていた男が9日、警察の任意同行中に自殺しました。捜査員は身体検査を2回していましたが、隠し持っていたナイフには気づきませんでした
張志揚容疑者(30)は、名古屋市内で警視庁の捜査員に任意同行され、警察署に着く直前の車内で、隠し持っていた果物ナイフで首を刺して自殺しました。その後の警視庁への取材で、捜査員は所持品の検査を2回していましたが、ナイフには気づいていなかったことが分かりました。張容疑者のズボンを病院で脱がせた際にナイフの鞘(さや)が見つかったということで、下腹部のあたりに隠し持っていたとみられます。警視庁は、検査の方法に問題がなかったか調べています
(01/10 11:50 テレビ朝日)

----------------------------------------------------------
8人で身体検査もナイフに気付かず…所持品検査徹底を通達へ

台湾人留学生2人を刺殺したとして殺人容疑で指名手配した台湾人の張志揚容疑者(30)が任意同行中に自殺したのを受け、警視庁は10日「最終的に凶器を発見できなかったという点で所持品検査が不十分だった」とし、再発防止に向け検査などを徹底するよう通達することを決めた。
住友一仁組織犯罪対策総務課長は「極めて遺憾。検証で明らかになった問題点を関係部署と全警察署に通達する」と話している。
警視庁によると、張容疑者に関しては任意同行前に捜査員8人が取り囲んで身体検査を実施。ズボンのベルトの周りも2回触って確認したが、隠し持っていたナイフに気付かなかった
警視庁は所持品検査だけでなく、容疑者の監視態勢や捜査員の役割分担などにも不十分な点があったとしている。
警視庁は日本語学校に通う台湾人留学生の女性2人を刺殺したとして張容疑者を指名手配。張容疑者は9日午後に名古屋市内で発見されたが、任意同行先に向かう車中で自分の首をナイフで刺して自殺した。
(2012年1月10日 12:40 スポーツニッポン)

----------------------------------------------------------
2女性殺害容疑者の自殺、警視庁が不手際認める

東京都台東区で台湾籍の2女性が殺害された事件で、警視庁は10日、殺人容疑で指名手配していた台湾籍の留学生・張志揚容疑者(30)が任意同行中に自殺したことを受けて記者会見を開き、「容疑者への身体検査や車内での監視が不十分だった」と不手際を認めた。
今後、全署に緊急通達を出し、再発防止に努めるとしている。
発表によると、同庁の捜査員は9日夕、名古屋市中区の商業ビルで張容疑者を発見し、任意同行する前に身体検査をした。張容疑者は自分ののど元を刺した刃渡り11センチの果物ナイフを、ズボンの股間に隠し持っていたとみられるが、捜査員が腹部などを触って調べた際に気付かなかった。
張容疑者は、車で同行先の愛知県警中署に到着した際、捜査員が目を離したすきにのど元を刺したという。
(2012年1月10日12時33分 読売新聞)

----------------------------------------------------------
台湾留学生殺害:容疑者自殺「検査や監視不十分」 警視庁

画像
連行された張志揚容疑者が自殺した愛知県警中署=名古屋市中区で2012年1月9日午後10時41分、大竹禎之撮影

東京都台東区のマンションで台湾人留学生の女性2人を殺害したとして指名手配されていた台湾籍の張志揚(ちょう・しよう)容疑者(30)が任意同行中に自殺した問題について、警視庁は10日、「容疑者の所持品検査や動静監視などが不十分だった」とする緊急調査結果を発表した。警視庁は、任意同行時に検査を徹底するよう通達を出し、11日には緊急副署長会議を開き、周知を図る。
警視庁によると、蔵前署捜査本部の捜査員が張り込んでいた名古屋市中区の劇場で張容疑者を発見したのは、9日午後6時20分ごろ。8人で取り囲み、任意同行を求めた。この際、本人の同意を得て、ズボンやコートのポケットを調べ、ベルトの周りや太ももの周辺を手で確認した
捜査車両に乗り込んだ張容疑者は、愛知県警中署への移動中、捜査員に挟まれる形で後部座席に座っていた。しかし、捜査員が目を離したすきに隠し持っていたナイフで自分の首を切った。「うっ」という声に捜査員が気づいた時には、すでに刃物が首に刺さっていたという。張容疑者はズボンにナイフを隠し持っていたとみられる。
警察官職務執行法は、警察官が任意で質問することを認める一方で、逮捕前の身体検査を強制することは認めていない。任意同行を求められた容疑者が自殺を図るケースは過去にもあり、00年2月には京都府の小学2年の男児を殺害したとして府警から任意同行を求められた容疑者が団地から飛び降り、死亡した。
張容疑者には逮捕状が出ており、発見時に逮捕することも可能だったが、警視庁は、指紋などで本人確認する必要があり、任意同行にも応じたとして、「問題はなかった」としている。【前谷宏、小泉大士】
(2012年1月10日 12時07分:最終更新 1月10日 13時40分 毎日新聞)

----------------------------------------------------------
【台湾2女性殺害】
身体検査の不徹底認める 任意同行中自殺で警視庁


東京都台東区のマンションで台湾人留学生2人が殺害された事件で、殺人容疑で公開手配された台湾籍の張志揚容疑者(30)が任意同行中に自殺したことについて、警視庁は10日、身体検査が不徹底だったことを認め、捜査担当の各部署や各警察署に再発防止に向けた緊急通達を出すことを決めた。
同庁は(1)任意同行前の身体検査(2)任意同行時の動静監視(3)現場の捜査員の役割分担-の不徹底を認めた。一方、本人が任意同行に素直に応じたことや、発見現場がアイドルグループ「SKE48」の公演会場があるビルで無用な混乱を避ける必要があったなどの理由から、発見現場で逮捕状の緊急執行をする必要はなかったとの見解を示した。
張容疑者は9日午後6時20分ごろ、名古屋市中区のビル地下1階にいたところを捜査員に発見された。車で愛知県警中署に任意同行され、同署の正面玄関で車が止まろうとした同40分ごろ、張容疑者が隠し持っていた果物ナイフでのどを刺しまもなく死亡が確認された。張容疑者は同行中に車内で容疑を認めていた。
同庁によると、任意同行現場には10人の捜査員が向かい、うち8人が身体検査に立ち会ったという。
(2012.1.10 11:28 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
警視庁「所持品検査問題あった」 台湾人容疑者自殺で

東京都台東区のマンションで台湾人留学生の女性2人が刺殺された事件で、殺人容疑で指名手配されていた台湾人留学生、張志揚容疑者(30)が任意同行中に自殺した問題で、警視庁は10日、任意同行前の所持品検査などに問題があったとする調査結果を発表した。同日中に再発防止を徹底するよう内部通達を出す。同庁組織犯罪対策総務課の住友一仁課長は、問題点として▽任意同行前の所持品検査が不徹底だった▽任意同行中の行動監視が不十分だった▽任意同行を求める際の指揮・役割分担が不十分だった――と指摘した。張容疑者が自殺に使ったナイフをどこに隠し持っていたかは分かっていないという。
(2012/1/10 11:20 日本経済新聞)>

----------------------------------------------------------
身体検査でナイフ発見できず 対応に問題なかったか調査

警視庁蔵前署捜査本部によると、張志揚容疑者を任意同行する際、捜査員がビル内で、コートやズボンのポケットを触るなどして任意で身体検査を実施したという。車中では捜査員4人が運転席と助手席、後部座席に座る張容疑者の両脇に座っていた。
署の前で車を止めようとしたところ、張容疑者は両手に持ったナイフで首を突いた。ズボンや下着の中にナイフを隠し持っていたとみられる。捜査本部は署内で、指紋などによる本人確認を行い、逮捕状を執行する予定だったという。
警視庁組織犯罪対策2課の藤永和也課長は「容疑者が自殺したことは遺憾。事実関係については詳細に調査したい」と述べた。
警視庁では被疑者の扱いを巡り、昨年12月31日に出頭してきた特別手配中のオウム真理教の元幹部、平田信(まこと)容疑者(46)を警視庁本部で門前払いする不手際があったばかりだった。
(2012.1.10 01:12 MSN産経ニュース)

----------------------------------------------------------
台湾2女性殺害、容疑者が任意同行中に自殺

東京都台東区のマンションで5日、日本語学校に通う台湾人留学生の林(りん)●●(=さんずいに瑩)(しえい)さん(22)と朱(しゅ)立(りつ)●(しょう)さん(24)が殺害された事件で、殺人容疑で公開手配された台湾籍の張志揚容疑者(30)が9日、名古屋市内で発見され、警視庁の捜査員が任意同行中、隠し持っていた刃物で首を刺して自殺した。蔵前署捜査本部が同日夜、発表した。
捜査本部によると、9日午後6時20分ごろ、名古屋市中区のビル地下1階にいた張容疑者を捜査員が発見。車で愛知県警中署に任意同行し、同署の正面玄関で車が止まろうとした同40分ごろ、張容疑者が隠し持っていたとみられる果物ナイフ(刃渡り約11センチ)でのどを刺した。病院に搬送されたが、午後8時ごろに死亡が確認された。死因は失血死とみられる。
張容疑者は車内で「泥棒をやった。林さん、朱さんには申し訳ないことをした。果物ナイフでやった」と容疑を認める供述をしたという。捜査本部は容疑者死亡で書類送検する方針。
捜査本部の調べでは、張容疑者は5日午前9時ごろ、林さんらが同居するマンション室内で、2人の首を刃物で刺すなどして殺害した疑いが持たれている。
張容疑者は2人と同じ学校に通っていた。事件後、同居する男性留学生に「大阪へ行く」と言い残して行方不明になっていた。「12月から、好意を寄せていた林さんに冷たくされた」と周囲に話し、現場近くの防犯カメラに映っていたため、捜査本部が8日に公開手配していた。
捜査本部は、張容疑者の携帯電話の電波から愛知県に捜査員を派遣。張容疑者がファンだったというアイドルグループ「SKE48」の公演が開かれていた「SKE48劇場」があるビルで発見した。
ビルは地下鉄の駅と直結しており、劇場のほかレンタルビデオ店などがある。目撃した男性会社員(30)によると、張容疑者とみられる男が地下1階から1階に上がる階段の踊り場で、捜査員とみられる男性10人ほどに囲まれていた。男性は「特に抵抗する様子はなく、車に乗り込んだ」と振り返った。
(2012.1.9 20:57 MSN産経ニュース)




知人の台湾人留学生を公開手配 台湾2女性殺害

東京都台東区のマンションで5日、日本語学校に通う台湾の留学生、林シエイさん(22)と朱立ショウさん(24)が殺害された事件で、警視庁蔵前署捜査本部は8日、殺人容疑で、2人の知人で同じ学校に通う台湾籍の張志揚(ちょうしよう)容疑者(30)を公開手配した。
捜査本部の調べでは、張容疑者は5日午前9時ごろ、2人が住むマンション室内で、2人の首を刃物で切りつけるなどして、殺害した疑いが持たれている。
捜査本部によると、張容疑者は、林さんの友人だったが、最近は「(林さんの)態度が冷たくなった」などと周囲に漏らし、悩む様子を見せていたという。
張容疑者は事件後、同居する男性留学生に「大阪へ行く」などと言い残して外出し、行方不明になっており、捜査本部は行方を追っている。
(2012.1.8 16:47 MSN産経ニュース)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾2女性殺害 いきなり襲撃か 背後から30回刺す

東京都台東区のマンションで、日本語学校に通う台湾人留学生の林(リン)シエイさん(22)と朱立ショウさん(24)が殺害された事件で、林さんが室内に侵入した犯人にいきなり襲われた疑いが強いことが7日、警視庁蔵前署捜査本部への取材で分かった。
2人とも首を中心に背後などから30回近く執拗(しつよう)に刺されていた。
事件後、2人の共通の知人で、トラブルを抱えていた同じ日本語学校の台湾人男性が行方不明になっており、捜査本部は何らかの事情を知っているとみて、男性の自室を家宅捜索し、足取りを追っている。
(林シエイさんのシは「くさかんむりに止」、エイは「さんずいに瑩」。朱立ショウさんのショウは「おんなへんに捷のつくり」)
(2012.1.8 06:14 MSN産経ニュース)
MSN産経ニュース)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾2女性殺害 現地メディア、大きく報道

画像
女子留学生殺害事件を大きく報じた6日付の台湾主要各紙(吉村剛史撮影)

【台北=吉村剛史】東京都台東区で台湾人女子留学生2人が殺害された事件は、14日に総統選、立法委員(国会議員に相当)選の投開票を控えた台湾でも、主要各紙やテレビ局が、選挙戦の話題をおさえて大きく扱い、事件への関心の高さをうかがわせている。
事件発生翌日の6日は聯合報、自由時報、中国時報などがこぞって1面トップで報道。聯合報は被害女性の着物姿の写真などで、愛日家ぶりを紹介し、「日本社会の安全神話は崩壊した」などとする識者の寄稿を大きく掲載した。また自由時報は共通の知人の台湾人男性が事情を知っている可能性にまで踏み込んだ。
7日は、服役中の陳水扁前総統の義母の葬儀に伴う一時出所や、総統選3候補の最後の政見放送内容などがトップニュースとなったが、これらに次いで、行方不明の知人男性に関する続報が大きく掲載された。
主要テレビ各局も関連ニュースに時間を割いており、6日は被害女性のうち、林●●(=さんずいに瑩)さんの遺族が台湾中部・台中市の実家でインタビューに応じ、「親孝行で、悪い友人を作るような子ではない」と話す様子などを繰り返し報じていた。
(2012.1.7 20:56 MSN産経ニュース)
MSN産経ニュース)

左右に警官がいながら、容易に取り出しにくいところ(ズボンの股間に隠し持っていたとみられる)からナイフを出しての自殺。可視化を全くする気のない警察組織で、都合のいい自白を強要するための最大のリスクがICレコーダーだった。
今回の容疑者自殺で左右に座っていた捜査員らは懲戒処分にならず、身体検査だけが強化されるなら、2人殺して死刑になるであろう容疑者を、警察が生贄にした可能性も十分考えられる。

"警視庁が監視怠りパトカー内で容疑者自殺!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント