『自殺練習強要』の真相隠蔽した大津市教委

大津市の中2男子生徒が生前強制されていた『自殺練習』。教育委員会の調査が「いじめナシ」と決定前提だった本音見えるので心無き大津市教委の会見を載せた。


大津市の中2男子「自殺練習」―学校が生徒に口止め「外にしゃべるな」‎

昨年10月(2011年)、滋賀・大津市の中学2年の男子(13)が自宅マンションから飛び降りて自殺した。いじめがあったらしい。学校は「いじめは確認できない」と毎度の言い訳だったが、市教育委員会が生徒を対象にアンケートをして、「いじめはあった」と認めた。
アンケートで15人が「自殺の練習をさせられていた」と答えていた。しかし、市教委も内容までは公表しなかった。「みな伝聞で確証がなかった」「いじめと自殺の結びつきを断定できない」からだという。

市も教育委員会も調査打ち切り
アンケートには「首を絞められていた」「死んだハチを口に入れられていた」「殴る蹴るの暴行」「万引きの強要」「キャッシュカードで遊ぶ金を使われていた」「死ぬ前日、部屋をめちゃめちゃにされ、財布をとられていた」という回答もあった。にもかかわらず調査は打ち切られた。

「朝ズバッ!」が生徒に聞いた。いや、出るわ出るわ。「3、4人に囲まれてなぐられていた」「死ね。うざい。消えろとか言われていた」「イスに縛られてなぐられていた」「死んだハチを食わされかけてて、オレは見てて、やめとけと」話す。「学校から口止めされている」という声もあった。「学校は隠してばかり。そういうことはあった」「やっぱり言わなあかん」 「テレビにしゃべるなと言われたが、話す。学校はせこい」「(見てた)オレらも悪いし、いじめたヤツも悪いし、先生も悪い」
死んだ子の両親はいじめた3人の生徒と両親、大津市を相手に7700万円の損害賠償を求めている。これに対し、市は「いじめは執拗なものとはいえず、自殺の原因とはいえない」、加害者は「いじめではなく遊びだった」と話している。越直美・大津市長は自らもいじめを受けた体験から、「いじめのない大津市にする」と言いながら、それ以上の調査は打ち切ったままだ。

「先生に相談したけど何もしてくれなかった」
それにしても、「自殺の練習」とは聞き捨てならない。これは裁判の準備書面で遺族が明らかにしたものだ。「何回も自殺の練習をさせられていた。先生に相談したけど何もしてくれなかった」というアンケート回答を見ながら、教師と教委は何を考えていたのか。
司会のみのもんた「決まり文句ですね、因果関係がわからないというのは。でもこういうアンケートが出たら公表すべきじゃないの」
金井辰樹(東京新聞政治部記者)「15人が言っているのなら相当程度確かだろう。自殺の練習とは普通のケースよりさらに痛ましい」
北川正恭(早大大学院教授)「隠す体質が問題。自分たちの責任になるから。トップが責任を取るといえばいい。真実を出すということをしないと解決にならない」
みの「いじめはいけないでしょ。悪いんならやめさせるしかない。因果関係なんて専門家にまかせておけばいい」
(2012/7/ 5 11:39 J-CASTニュース)

----------------------------------------------------------
画像

去年10月、中学二年だった男子生徒は、学校が見渡せるこの自宅マンションから飛び降り自殺しました。
13歳の少年は、何故自ら死を選んだのか?
画像

当初学校側は、イジメを確認できないと説明していました。
画像
画像


しかしその後…市の教育委員会が全校生徒を対象におこなったアンケート調査で明らかになった…イジメ
画像
自殺した男子生徒は、複数の同級生から首を絞められたり、死んだ蜂を口に入れられたり、殴る蹴るの暴行を何度も受けたりしていた事がわかりました
画像
画像
画像
イジメは無かったから一転!
画像
画像
イジメがあった事は認めたものの調査は打ち切り。
画像
そしてアンケートに寄せられていた回答、「毎日自殺の練習をさせられていた」という内容について
画像
市教育委員会は一切公表していませんでした。
画像
15人もの生徒が答えながら…、
何故これまで公表してこなかったのでしょうか!?
画像
画像
画像
画像
市教育委員会は『自殺の練習をさせられていた行為』が、「事実であったか、確証を得られなかったため」と説明。隠蔽ではないと主張しました。
さらに…
画像
画像
画像
画像


※男子生徒側の弁護士の主張や生徒の証言は前日のNEWS23クロスとほぼ同じ
(2012.7/ 5 朝ズバッ!)

----------------------------------------------------------
画像
(2012.7/ 5 Oha!4 NEWS LIVE)

----------------------------------------------------------
滋賀県で去年10月、男子中学生が自殺した問題で、教育委員会は男子生徒が通っていた中学校でアンケート調査を実施し、複数の生徒からイジメがあったことを認めました。
アンケートでは「昼休み毎日自殺の練習をさせられていた」「先生に相談したけど何もしてくれなかった」などの回答がありました。
画像
学校側は「イジメと自殺の因果関係は分からない」と裁判で争う姿勢を見せています。
(2012.7/ 4 LIVE2012 ニュースJAPAN)

----------------------------------------------------------
膳場貴子
「生徒にアンケート調査を行ったところ、亡くなった男子生徒は『自殺の練習をさせられていた』と複数の生徒が回答。市はこの事実を公表していませんでした。」
画像
滋賀県大津市のマンション…。
去年10月、ここから中学二年の男子生徒が飛び降り死亡した。
画像
コレヤ!という原因は…、見当たらないんですわ!
画像
当初、イジメは確認できないとしていた学校側。
画像
その後…生徒に行われたアンケートで“いじめ”の事実が明らかとなった。
そこには…「毎日自殺の練習をさせられていた
市の教育委員会はこれを「事実かどうか確認できなかった」とし、これまで公表していなかった
さらに…
画像
画像
市側は、イジメを苦にした自殺とは断定できないと主張する。
画像
一方で…男子生徒側の弁護士
「これだけ毎日自殺ということを、考えさせられていたのであれば、そのイジメから逃れる手段として、自殺という事が真っ先に頭に思いついたとしても、これは全然不自然ではない」
男子生徒側は『自殺の原因はイジメ』だとして、同級生3人や大津市を相手におよそ7700万円の損害賠償を求める裁判を起こしている。
画像
自殺の練習は実際に行われていたのか!?
あらためて生徒達に当時の様子を聞いた。すると…
生徒証言1
画像
画像

生徒証言2
画像
画像
画像

生徒証言3
画像
画像
「自殺の練習をさせられていた」との証言は得られなかったが、これらの暴力行為は本当に自殺と関係ないのだろうか!?

画像
口止めされた生徒証言1
画像
画像
画像

口止めされた生徒証言2
画像
画像
今後開かれる法廷で、真実は明らかにされるのだろうか…。
(2012.7/ 4 NEWS23クロス)

----------------------------------------------------------
画像
画像
画像
画像
画像
(2012.7/ 4 報道ステーション)
4日~5朝のTV報道内容比較すると、夕・夜・朝全てでTBSがダントツ、日テレ(容量の都合で省略)がそこそこ具体的、朝日(顔出ても誰かわからないが、実名[教育長の澤村憲次]を出したのは評価できる)が短めでフジは会見も映さなかった。
画像
ちなみに大津市に限らず学校側は解明ではなく隠蔽重視。7月4日のNスタによると、当事者や家族に聞いた結果、学校などの事故・事件で心身障害や自殺で、学校がアンケート等を実施したのは僅か25.5%…。そして学校が教育委員会に提出する事故報告書で、正確に書かれているのは8.3%だそうだ。
画像

"『自殺練習強要』の真相隠蔽した大津市教委" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント