“根性焼き”合意による行為と仙台育英

仙台市内の私立高2の男子生徒に同級生がタバコの火を23ヵ所押付けたのを「合意による行為」と説明している学校をネットメディアが“仙台育英”と断定。
画像

これまでテレビ・新聞ら主要メディアの報道では、学校名だけでなく、学校側の会見映像で教頭らの顔すら映していない。
画像
画像
画像
「根性焼き」させた生徒自主退学 仙台の高校

仙台市の私立高校の男子生徒(16)が「同級生らにいじめられた」として宮城県警に傷害容疑などで被害届を出した問題で、学校側が、火のついたたばこを被害生徒の腕に押しつける「根性焼き」をしていたとされる生徒を自主的に退学させていたことが分かった。
高校を運営する学校法人の常務理事によると、被害生徒は当初、腕のやけどの痕について「同学年の男子生徒に頼んでつけてもらった」と説明した。学校側はこの生徒について、「頼まれたとしても、火のついたたばこを押しつけるのは許されない」と判断。退学届の提出を促し、7月31日付で退学処分にしたという。
一方、被害生徒を殴ったり蹴ったりしていたとして、別の男子生徒3人を自宅謹慎処分にしていた。学校は3人の行為はいじめと認識したが、たばこを押しつけた行為がいじめだったかどうかは調査中という。生徒らの聞き取りを始めている。
(2012年8月8日21時37分 朝日新聞)

----------------------------------------------------------
“暴行受けた生徒の退学”学校側見直す
画像
仙台市の高校2年生の男子生徒が、同級生から腕にたばこの火を押しつけられるなどの暴行を受けたとして、警察に被害届を出した問題で、学校側は、事実関係を認めたうえで、暴行を受けたとされる男子生徒に対して自主退学するよう求めていた、これまでの対応を見直す考えを示しました。
この問題は、仙台市の私立高校に通う16歳の男子生徒が、同級生からたばこの火を腕に20回以上押しつけられるなどの暴行を受けたとして、6日、警察に被害届を出したものです。
学校は、これまで「コメントを控えたい」としていましたが、8日、事実関係を認め、ほかにも男子生徒が、同級生から教室で一方的に柔道の技をかけられたり胸ぐらをつかまれて足を蹴られたりする様子を、ほかの生徒が目撃していたことを明らかにしました。
8日までに、たばこの火を押しつけたとされる同級生1人が自主退学したほか、学校は暴力を振るっていた3人を謹慎処分にしたということです。
そのうえで、暴行を受けたとされる男子生徒に対しても自主退学するよう求めていた、これまでの対応について、学校は、「再調査して決めたい」として見直す考えを示しました。
学校は、「きのう、問題を再調査する委員会を設置した。一から事実関係を精査して、できるだけ早く今後の対応を示したい」と話しています。
(8月8日 18時54分 NHK)

----------------------------------------------------------
こんな学校つぶせ!いじめ被害生徒に「みんなが動揺するから退学してくれ」

いじめ問題が全国的にクローズアップされるなか、仙台市の私立高校でも問題が発生していたことがわかった。2年生の生徒が同級生からタバコの火を腕に何か所も押しつけられる被害を受けたという。
学校側もいじめについて認識していたというが、オドロキの対応策を取った。腕をヤケドした生徒に対して、「ヤケドの痕を見せてほかの生徒を動揺させた」ということで自主退学を求めたというのである。

「犯罪者が住んでるから、被害者は出てってくれと言うようなもの」
この不可解判定には、このごろロンドン五輪における日本人選手の奮闘に目を細めてばかりの司会のみのもんたも、ひさびさに目尻を吊り上げて怒りだした。「お前いじめられたのか。みんなに言うなよ。学校辞めろって、そんな学校あんの?
画像
コメンテイターの若狭勝弁護士も「ホントにとんでもないですね。明らかな人権侵害で、学校に対して損害賠償を起こすべき。犯罪者が住んでるから、被害者は出てってくれと言うようなものです」と憤慨する。みのは「損害賠償どころか、文科省が学校の認可取り消しだよ! ひどいな」とヒートアップしていた。
(2012/8/ 8 12:53 J-CASTニュース)

----------------------------------------------------------
グーグルトレンド1位に「仙台育英」が浮上!-根性焼き被害生徒に学校が自主退学を求めた事件が関係か?

■グーグルトレンド1位浮上!
2012年8月7日、グーグルトレンドの急上昇ワード1位に宮城県仙台市の高校「仙台育英」が浮上した。
画像
画像
仙台育英学園高校は、宮城県代表として甲子園に出場する高校であるがそれだけで、急上昇ワード1位にはならない。
これは、8月6日にNHKが報道した、仙台市の高校で起きた「根性焼きいじめ事件」の影響であると考えられる。

■ネットでは「仙台育英」が特定される
この事件は、高校2年生の生徒が同級生に「根性焼き」といわれる火のついたタバコを腕に押し付けるいじめ(すでに暴行レベル)を受けていたというものである。
被害を受けた生徒が6日に被害届を警察に出したことで事件は明るみに出た。
この事件の驚くべき点は、被害を受けた生徒に対し、学校側が自主退学を求めたと報じられている点である。
このNHKニュースでは高校名が伏せられていたため、6日の夜から2ちゃんねるなどを中心に学校の特定が行われた。
また、情報はツイッターでも大きく拡散している。
このため「仙台育英高校」グーグルトレンドの急上昇ワード1位に浮上したのであろう。

■学校の隠ぺい体質が火に油か
仙台育英高校は昨年夏には被災した店舗に集団窃盗に入る事件を起こし、その騒動の中でも甲子園に出場したことが記憶されている
今回の事件に関しては、報道ではノーコメントを通しており、電話取材では、7日の9:30頃に完全に留守電に切り替えた。
私も電話取材を試み、代表窓口で「担当者が対応します」と約束していたのであるが、完全に反故にされた。
いきなり留守電に切り替わっていたときは驚いた――。
ネットの情報が事実であるのかどうか、それを確認するには同校が回答するのが一番である。
もし、事実無根であり、完全に否定するのであればサイトにその旨を記載すべきであろう。

報道の間違いによって、被害を受けた企業などはそのような対応を行う。
現在、仙台育英高校の公式サイトにはそのような告知は一切なされていない。
当然である。
仙台育英高校で起きた事件であるからだ。
根性焼きいじめ事件」は当サイトの日本高野連への電話取材により仙台育英高校で起きた事件であることは明らかになっている
(2012年8月8日 10:00 ベスト&ワースト)

----------------------------------------------------------
「根性焼き」は合意による行為と認識…学校側

仙台市の私立高校の男子生徒(16)が、同級生からたばこの火を腕に押しつけられる「根性焼き」などのいじめを受けたとして仙台東署に被害届を出した問題で、生徒が通う学校の教頭は7日、読売新聞の取材に応じ、「いじめの可能性を否定せず再調査する」と話した。
「他の生徒に動揺を与える」として生徒側に求めていた自主退学は保留扱いとした。
学校の説明では、生徒の保護者からいじめの相談を受け、7月中旬に校内に調査委員会を設置。いじめたとされる生徒に話を聞いたところ、被害生徒が自分でたばこの火を腕に押しつけたなどと説明を受けた。被害生徒も自分から頼んだと説明したとして、やけどは「自傷行為、または合意による」と認識したという。
その後、被害生徒が、やけどはいじめによるものと申し出たため、学校側は他の生徒から話を聞くなどしたが、いじめとは認めず、生徒側に今月6日までに自主退学するよう求めたという。学校側は、自主退学に応じなければ退学処分にするとしていたが、被害届が出された6日に行われた保護者との話し合いで、「保護者が納得していない」などとして、再調査と退学処分の保留を決めた。
学校側は、いじめたとされる同級生が7月31日付で自主退学したことも明らかにした。
(2012年8月8日09時53分 読売新聞

----------------------------------------------------------
いじめ被害者生徒に自主退学を迫った仙台市の高校はどこだ?-ネットでは「いじめ高校名」特定へ!!

■高校特定に動き出すネット住民!
2012年8月6日、仙台市の高校2年生が腕に20箇所以上の「根性焼き」というタバコを押し付けられるいじめを受けた件で警察に被害届を出したことが報道された。
この事件は、そのいじめの悲惨さも凄まじい。すでにネットでは「根性焼き」の生々しい跡の残った画像が拡散している。
画像

2ちゃんねるニュース系のスレッド勢いランキングでは当該ニュースがTOPに躍り出ている状況だ。
1位:【社会】高2男子が同級生から根性焼きなど暴行を受ける→学校「ほかの生徒が動揺するから自主退学してほしい」/仙台(凄惨画像注意)★5

2位:【速報】アニメDVD・BDの売り上げを見守るスレ9633

3位:【社会】高2男子が同級生から根性焼きなど暴行を受ける→学校「ほかの生徒が動揺するから自主退学してほしい」/仙台(凄惨画像注意)★4
スレッドは5スレ目に入り、2ちゃんねる住民は、学校の理不尽な対応に対し怒りを露わにしている。

■学校がいじめられた生徒に自主退学を求める
このニュースの酷い部分は、いじめだけではない。学校のいじめに対する対応である。
NHKでは、高校側がいじめを受けた生徒に対し、自主退学を求めていると報じた。
この理由は、他の生徒に動揺を与えるというものだ。
いじめの根本原因を解決せず、いじめられた生徒が在籍することで他の生徒が動揺するというのはどのような理屈なのだろうか?
学校側は今回の報道に対し、ノーコメントを通している。すでに情報封鎖の体制に入り、組織の守りに入っているのである。

■2ちゃんねるでは学校特定へ
このような学校側の態度が2ちゃんねる住民に火をつけるのは明らかである。
現在、2ちゃんねるでは、報道画像の検証、ストリートビュー画像の検証などから、問題の高校は仙台育英高校ではないかということで、大きな話題となっている。
ツイッターでも仙台育英高校のツイート検索を行うと、以下のような画像が人気画像として表示される状況になっている。痛々しい、いじめの画像に合わせ、証拠の画像とされるものがアップされているのである。
画像
NHKで放送されたと思われる画像と一致する建物の画像で「学校法人仙台育英学園」と青い看板に表示されているものがアップされている。グーグルマップを使って撮られた画像で検証したものである。
画像
ストリートビューの画像と放送された画像を突き合わせ検証している画像もある。
画像
NHKのニュース画像をストリートビューのプレハブとを重ね合わせると、微妙に横幅が違うので修正すると、窓のピッチなどは一致する。おそらく、仙台育英、プレハブが写っていることから、運動部の部員による暴行事件と思うんだけど。

このような状況から、ネットでは「仙台育英高校」がいじめの舞台であり、いじめられた生徒に退学を迫ったのではないかという情報が拡散中である。
仙台育英高校は今年の夏の甲子園出場を決めており、この不祥事が同校のものだとすると、そのダメージは計り知れないものとなるだろう。
画像
生徒に退学を迫ったのも甲子園出場前に事件を隠ぺいする目的であったのではないかという見方がネット上には拡散している。
(2012年8月8日 01:00 ベスト&ワースト)

----------------------------------------------------------
いじめ:「根性焼き」強制され…高2被害 仙台

同級生からたばこの火を押しつけられるなどのいじめを受けたとして、仙台市内の私立高2年の男子生徒(16)が宮城県警仙台東署に6日、傷害容疑などで被害届を提出し、「『友達がいなくなるかも』と考え、親や先生には言い出せなかった」と胸の内を語った。
生徒や母親(42)によると、生徒は昨年11月ごろ同級生から殴る蹴るの暴行を受け始めた。今年5月には左腕にたばこの火を押しつける「根性焼き」を強制され、自分で火を押しつけた後、同級生から更に22カ所押しつけられた。
腕のやけど痕に気づいた母親に生徒は「自分でやった」と話していたが、7月に「いじめられている」と告白したという。
学校は今月3日、加害生徒とみられる3人を同席させ「謝罪会」を開いたが、母親によると、学校側と同級生はいじめの一部しか認めなかったという。その後、学校は「やけど痕を他の生徒に見せびらかし、動揺させた」などとして、退学処分を宣告したという。
学校側は「担当者が出張中で答えられない」としている。【竹田直人、金森崇之】
(2012年08月07日 19時30分/最終更新 08月07日 19時41分 毎日新聞
----------------------------------------------------------
今月3日に『謝罪会』と称する“会合”がもたれたという。
その席で加害者側の生徒は 一部暴行の事実を認め謝罪。
ところがその“会合”が終ると 学校側が被害を訴えた男子生徒に対して 退学処分を言い渡したのだ。
画像
画像
『ほかの生徒に根性焼きの痕を見せて 動揺を与えたから』それが被害者側を退学に追い込む論理だ。

画像
・渡辺宜嗣
大谷さん学校側の理屈が全く通らない、ホントにおかしな理屈をくっ付けてるんですけど。
・大谷昭宏
これは問題発覚してですね、学校側が色々対応してる時って、ちょうど大津のイジメ事件が世間的に大問題になっているときです。そういうときに、被害にあった生徒を退学させてしまうと、ようするに無いことにしてしまう・隠してしまう・隠蔽と…。
何故わたし達大人の社会はあった事に、キチントその真実に向き合おうとしないのか。 わたしは元々警察が入る事は賛成じゃないと言ってますけど、ここまで学校がいい加減なことをするんであれば、結局司直が入らざるを得ない。それはひいては学級崩壊ではなく、学校という教育の場が崩壊する事なんだと。もっとそれを肝に銘じてわかってほしい。
(2012年8月7日 スーパーJチャンネル)

----------------------------------------------------------
【いじめ】「根性焼き」の被害者生徒に自主退学を勧告「その痕で他の生徒が動揺するため」

連日のいじめ問題報道、そして「一人で悩まずに周りの人に相談しよう」と各方面で呼びかけているにもかかわらず、飛び降り自殺の推測される事件が重なっている。
これほどに「死にたくなる」いじめが横行しているということか?
そしてまたしてもショッキングないじめ事件が発生している。
宮城県仙台市の私立高校の男子生徒が、同級生からいじめを受け、いわゆる点火した煙草による「根性焼き」による被害を受けたとして、警察に被害届を提出した。
本来なら早急に対応し、この男子生徒の保護と加害者側生徒の処分を考えるべきであるが、なんとこの私立高校側は「根性焼き」による火傷の痕によって「周りの生徒が動揺するから」とこの男子生徒に自主退学を求めたという。
加害者側の生徒は一応の謝罪はしたというが、学校の対応の仕方としては明らかに不適切であり、結果的に被害者男子生徒の退学によっていじめの事実をもみ消すつもりだったのか、との疑いを持たれかねない事態となっている。
このいじめ問題の報道当初、この学校については「仙台市の私立高校」とのみ表示されていたが、ネットユーザーが各種報道の映像を分析した結果、甲子園にも出場しているスポーツ名門校だと推測され、具体的な学校名はすでにネット上で出回っているという。

この報道に対し、
「一生消えないんだぞ。これは酷すぎる」
「は?加害者が自主退学するのが常識じゃねぇの?
最近の子供と学校は、頭オカシイな」
「大津みたいにいじめた側に権力者がいるとかの展開じゃないだろうな?
でなきゃなんで被害者が退学なんだよ」
「加害者は当然だが、学校当局の責任者も刑事罰だよね 」
など、学校に対する不信感と怒りをあらわにしており、かつ、今回は当該高校が私立校だったこともあり、
「私立でもこんなクソな学校あるんだな」
という意外な感を持つ人もいるようだ。
(2012年8月7日 12:00 日刊テラフォー)
画像
画像
8日J-CASTの『みのが久々に怒りだした』は、朝ズバッ!朝刊関連コーナーでCM直前に一瞬触れた部分。かつてのようなズバッ!8時またぎ(重要ニュースとして紹介後、みのとコメンテーターやゲストがトークするコーナー)ではない。
だが同局・他局の番組の大半は 司会やコメンテーターらは触れてない。





【根性焼された側退学させる育英…隠蔽で宮城に勇気を
画像
仙台育英8対2で佐賀北に勝つ

夏の全国高校野球、大会1日目の第3試合は、宮城の仙台育英高校が、佐賀北高校に8対2で勝って、2回戦に進みました。
仙台育英は、先発した渡邊郁也投手が、2回と4回に2打席連続のタイムリーヒットを打つなど、4回までに3対1とリードし、終盤にも5点を加えました。
渡邊投手は変化球を交えたピッチングで、佐賀北打線を2失点に抑えて完投し、仙台育英が8対2で勝って、2回戦に進みました。
佐賀北は優勝した平成19年以来5年ぶりの出場でしたが、初戦突破はなりませんでした。
開会式のあとの第1試合は、8年ぶり出場の福井工大福井高校が、4対2で、静岡の常葉橘高校に勝ちました。
第2試合は、福岡の飯塚高校が、6対4で広島工業に勝って、甲子園初勝利を挙げました。
“宮城にいい報告ができるよう”
仙台育英高校の佐々木順一朗監督は、「打ち合いになると予想してはいたが、選手たちはよく点を取ってくれた」と、活発だった打線を評価しました。
特に、2回にチーム初ヒットを打った、2年生で4番の上林誠知選手について、「1回、3者凡退で、この試合は厳しいかと思ったが、あのヒットが流れを変えてくれた」と話し、名前を挙げて活躍をたたえました。
投打に活躍した仙台育英高校のエース、渡邊郁也投手は、三振8つを奪う好投について、「自分は三振を取るピッチャーではないが、きょうはフォークボールがよく、いつも以上の力を出すことができた」と笑顔で話しました。
また、2打点を挙げたバッティングについても、「次につなぐことを考えた。狙っていたアウトコースのストレートをしっかりと待って打つことができた」と振り返りました。
そして、東日本大震災で被害を受けた地元の宮城県に向け、「甲子園の晴れ舞台で元気なプレーを見せることができてよかった。今後も地元にいい報告ができるよう頑張りたい」と意気込みを述べました。
一方、佐賀北高校の百崎敏克監督は、「エースの末次には3点以内に抑えてほしかったが、仙台育英の打線のほうが上だった」と話したうえで、「末次は佐賀大会から1人で投げ抜いてきたし、ほめてやりたい。守備には不安があったが、きょうは体を張ってしっかり守り、最後まで諦めずにプレーしてくれていた。選手たちが頑張って5年ぶりにたどりついた甲子園という舞台で、もう少し戦いたかった」と残念な様子でした。
8点を失いながらも最後まで投げきった、佐賀北高校の末次慶一郎投手は、「決め球が甘く入って打たれてしまった。得点を取られても、仲間の援護を信じて投げ抜く気持ちでいた。後輩たちには今よりも守りが堅いチームを作ってほしい」と、うつむきながらことばを絞り出していました。
(8月8日 17時41分 NHK)


----------------------------------------------------------最終調整、軽快な動き 仙台育英きょう初戦 全国高校野球
画像
初戦の佐賀北戦に向け、守備練習に汗を流す仙台育英ナイン

全国高校野球選手権大会の宮城代表、仙台育英は開幕日の8日、第3試合(午後3時20分開始予定)で佐賀北と対戦する。選手は7日、兵庫県西宮市の津門中央公園野球場で最終調整を行い、初戦に備えた。
ナインは午前に甲子園球場で行われた開会式リハーサルに参加した後、午後2時から約2時間、同球場でシートノックやフリー打撃に汗を流した。ノックでは遊撃の高橋竜之介選手らが軽快な動きを見せた。打撃は前日に続いて横手右腕の対策を行い、左打者の渡辺郁也、上林誠知の両選手らが柵越えを連発した。
佐々木順一朗監督は「左打者が(相手投手を)打ち崩してほしい。打つべき選手が打っているので全体として調子は悪くない」と手応えを語った。
(2012年08月08日水曜日 河北新報)

----------------------------------------------------------育英・渡辺投手 「調整は順調」
画像
守備練習する育英ナイン(6日、大阪府吹田市で)  

夏の全国高校野球大会に出場する仙台育英ナインが6日、大阪府吹田市内のグラウンドで抽選会後初の練習を行った。35度を超える炎天下の中、選手たちは元気に約2時間汗を流した。
8日の初戦の相手はそつないプレーが持ち味の佐賀北(佐賀)。「先にミスをしては話にならない」(佐々木順一朗監督)と約40分間、入念にノック練習を行った。小杉勇太主将(3年)が「たらたらすんな!」と時折げきを飛ばし、ナインは真剣な表情でボールを追いかけた。打撃練習では、相手エースが右サイドスローであることから、控え選手らが急造の右横手投げとなって打撃投手を務めた。浮き上がってくる独特の軌道に苦心しながらも、選手たちは次第に快音を響かせていた。渡辺郁也投手(3年)は「調整は順調。何としても勝ちたい」と初戦に向け、意気込んでいた。
(2012年8月7日 読売新聞

----------------------------------------------------------仙台育英、打撃投手を急造 佐賀北のエース想定
画像
宮城佐々木監督(中央)の指示を聞く選手たち=大阪府吹田市

第94回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)に出場する仙台育英は8日、開幕日の初戦に臨む。6日の練習では、対戦相手に決まった佐賀北のエース末次慶一郎投手を想定し、打撃投手を急造の右横手投げにした。
この日は、午前11時から大阪府吹田市の野球場で練習した。初めの25分間、佐々木順一朗監督と選手たちは、外野の芝生で車座になって、ミーティングをした。佐々木監督の言葉は「いよいよ、本番が来た。モードを切り替えろ」だった。
仙台育英には、横手投げの投手がいない。急造の投手の制球は安定しなかったが、少しでも感覚をつかもうと工夫を凝らした。
(2012年8月7日0時36分 朝日新聞)

"“根性焼き”合意による行為と仙台育英" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント