大阪府警の署員3人が嘘の交通見取り図作成

画像
大阪府警・生野署の地域課署員3人が交通違反の取り締まりで、うその目撃位置を記載した事が発覚。



うその交通見取り図作成=巡査部長を書類送検—大阪府警

大阪府警は29日、交通違反の現場見取り図にうその目撃位置を記載したとして、生野署交通指導係の男性巡査部長(41)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、関与した部下の男性巡査2人とともに虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検した。
府警監察室によると、巡査部長らは2012年8月〜今年1月、大阪市生野区内の交差点で11件の信号無視を取り締まった際、路上に止めたパトカー内から見ていたにもかかわらず、歩道上で違反を目撃したとする虚偽の見取り図を作成したとされる。[時事通信社]
(2013年 5月 29日 20:30 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

----------------------------------------------------------
取り締まりで虚偽見取り図 3警官を書類送検

交通違反の取り締まりの際、うその記載をした見取り図を作成したとして、大阪府警は29日、生野署地域課の男性巡査部長(41)ら署員3人を虚偽公文書作成容疑などで書類送検し、巡査部長を減給10分の1(1か月)の懲戒処分とした。11件の信号無視で虚偽記載があったが、府警は「取り締まり自体には問題はなかった」としている。
発表では、巡査部長らは同署交通課勤務だった昨年8月~今年1月、大阪市生野区内の交差点で、停止線を越えた地点に止めたパトカーから確認した信号無視11件を取り締まったが、交差点に立って違反を確認したかのように見取り図に記入した疑い。
今年1月、上司が、同じ日の見取り図で署員の立ち位置が大きく異なることを不審に思い、発覚した。
調べに対し、巡査部長は虚偽記載した理由について「先輩署員からパトカーの位置が不適切だと指摘されると思った。取り締まりの実績がふるわず、同僚に負い目を感じていた。がんばったつもりだったが、間違っていた」などと話しているという。
(2013年5月30日 読売新聞

----------------------------------------------------------
虚偽の見取り図作成容疑 巡査部長ら書類送検、大阪

交通違反の取り締まりで、現場の状況を示す見取り図に虚偽の記載をしたとして、大阪府警は30日までに、生野署交通課に所属していた男性巡査部長(41)ら3人を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで書類送検した。
巡査部長の送検容疑は、昨年8月~今年1月、大阪市生野区の交差点で信号無視11件を摘発した際、パトカーに乗っていたのにもかかわらず、歩道上で違反を確認したとする虚偽の内容を見取り図に書き込み、違反切符に添付した疑い。
府警は30日までに、巡査部長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、同課所属の男性巡査(24)を所属長訓戒、別の男性巡査(22)を本部長注意とした。
(2013/5/30 11:08 日本経済新聞)

----------------------------------------------------------
書類偽造容疑:署員ら3人送検…交通取り締まりで 大阪

交通違反の捜査書類を偽造したとして、大阪府警は29日、生野署交通課の男性巡査部長(41)と男性巡査2人(24歳と22歳)を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検した。巡査部長を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にした。府警によると、3人はパトカーで信号無視の取り締まりをしたのに、捜査書類では歩道に立っていたことにしていた。
送検容疑は昨年8月〜今年1月、大阪市生野区の交差点で検挙した11件の信号無視について、交差点付近の歩道に立って違反を確認したと偽り、現場見取り図を作成した、としている。別の警察官が不自然に思い、発覚した。
巡査部長は「先輩に以前、パトカーに乗ったままより、歩道に立った方が信号無視を確認しやすいと指摘されたので、偽造した」と話しているという。府警は、取り締まった内容そのものに間違いはなかったとしている。【近藤大介】
(2013年05月30日 09時38分 毎日新聞)

"大阪府警の署員3人が嘘の交通見取り図作成" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント