テーマ:仮面ライダー電王

S.I.C.極魂素体改造/ネガタロス

S.I.C.極魂モモタロスイマジンを素体改造しネガタロスイマジンを作ってみた。 ディケイドを除くと平成ライダーシリーズで、唯一違和感無く並べられるのがネガタロスなのでS.I.C.極魂を改造したものと並べてみた。SIC.極魂『ブレイド ジャックフォーム』が発売されることを知るまでは、電王・モモタロスイマジンと発売され、魂ウェブ商…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.極魂素体改造/電王 プラットフォーム

S.I.C.極魂電王を使い“電王”の中で最も好きなライダー プラットフォームに改造。 本当は「S.I.C.極魂 デンライナーDXセット」の3イマジンに、「+α」で単品販売が困難なプラットフォームが付くのを期待していたが、販売価格が予想より高騰しただけで実現しなかったので極魂化の可能性が薄いと判断した。 頭部は劇中やSICの特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂ネイション2010 SIC展示アイテム&イラスト

TAMASHII NATION 2010では撮影禁止だったが、先月号では複数のホビー誌が掲載していたため、会場で見たときの印象と共に載せてみた。 魂ネイション会場では電王系にあまり関心が無かったためSICミニ電王は存在に気づかなかった。(ミニ電王の存在自体HJ.12月号を見るまで知らなかったが劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.極魂素体改造/モモタロス

電王系イマジンが3体付く「SIC.極魂デンライナーDXセット」の注文受付が11/10日(16:00)に終了となるが、SIC.極魂モモタロスイマジンを強面に改造した。 モモタロスイマジンはSIC.極魂の中で最も酷いアレンジで、かっこ悪いうえ稼動範囲も低いものの、豊富な手首パーツと店頭で在庫切れが皆無なのが最大の魅力。響鬼に替わる改造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.極魂モモタロスイマジン(未契約Ver.)

『S.I.C.モモタロスイマジン(未契約Ver.)』では全然欲しいと思わなかったが「TAMASHII NATION 2010 Autumn」出向いた記念に、SIC極魂モモタロスイマジン(未契約Ver.)は一応購入し、開封に合わせて追加パーツを作ってみた。 S.I.C.極魂モモタロスイマジン(未契約Ver.)箱裏表 S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C. 仮面ライダーNEW電王

S.I.C. 仮面ライダーNEW電王が30日(木)に到着したため開封してみた。 ご注文商品の出荷のお知らせ 2010 9/29(水) 18:40 このメールは「東映ヒーローネット」より自動的に送信されています。 下記メールにお心当たりのないお客様は恐れ入りますが、このメールへの返信にてその旨を記入してお送りくださいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C. 仮面ライダーストロンガー&タックル

購入目的は電波人間タックルだったが、ストロンガーも開封してみた。 ブラックサタンが当初唯一の障害だと考えていたのは、変身して登場した電波人間タックル。ブラックサタン日本支部の初代大幹部であるタイタンも、タックルの方は脱走した裏切り者として認識していたが、城茂は自ら名乗ったがうろちょろ嗅ぎ回る目障りな小物と程度と思っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C. 電波人間タックル(VOL.55)

SIC仮面ライダーシリーズ初の女性稼動フィギアである電波人間タックルが、発売されたため早速開封した。 以前の0号(雪菜)アギトは(沢木哲也)アギトの顎と上半身等の一部を変更したに過ぎず身長や指・足の大きさが同一だったので、沢木哲也の姉と言うより兄が変身したような体型で「はるな愛」に近かった。SICディケイドが190mmなのに対し電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C. ナオミ&コハナ

SIC初の仮面ライダー女性フィギアであるナオミ&コハナが、佐川の代引きで届いたため早速開封した。 S.I.C. 仮面ライダー電王 コハナ&ナオミ 原型製作:安藤 賢司 「仮面ライダー電王」シリーズにて絶大な人気を誇るコハナとナオミが安藤賢司氏のアレンジ造形にて商品化。 それぞれ2種ずつ表情の違う差換頭部が付属し、劇中のシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.極魂 ネガ電王 ネガフォーム

SIC極魂が今のところ毎月販売されるものの、ネガ電王はジャスコ限定で平日という厄介な販売方法で諦めていたが、運良く休日と重なったため入手できた。 ジャスコは14~5年行ったことがないため、あらかじめジャスコ玩具店取扱店舗を調べることになった。ジャスコの中では近場と思えるジャスコ相模原店に電話してみると、SIC極魂 ネガ電王が入…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

S.I.C.極魂改造/レオソルジャー(モールイマジン)

電王とモモタロスが発売されたため為、「カイの成長に順じて変異して行く兵隊イマジン」としてレオソルジャーを作ってみた。 そのためレオソルジャーとモールイマジンの両方を再現したかったため、左下肢の大腿は覆われていた黒い装甲が剥がれて青い本体が露呈したようにした。 当時電王は序盤しか見ていないため、放送終了後に雑誌で『予算関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.極魂 モモタロスイマジン

7/17(土)「SIC極魂 モモタロスイマジン」が発売されたため開封してみた。 今回も町田ヨドバシでは「レジでの販売」だったが、電王の様に完売出来ないことを想定し値札シール(1,130円)が貼ってあった。 SIC.極魂 モモタロスイマジン SIC.極魂 響鬼比較 既存SIC極魂(龍騎)と新間接の電王・モモタロス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.極魂 電王 ソードフォーム

政権交代後初の国政選挙、自公の拡大で混迷か他の与野党らが正しく導き、国民(日本人)のための改革が進むのかを選択する参院選が投開票(5/11)されたため、6/26(土)発売日に購入していたSIC極魂 電王を開封。 前回のワイルドカリスまでSIC極魂は普通に買えたが、(秋葉原ヨドバシはブレイドからレジ販売だった)ついに町田のヨドバシで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

S.I.C. 仮面ライダーNEW電王

電王シリーズで純粋にかっこいいと思っていた「仮面ライダーNEW電王」が東映ヒーローネット限定で販売されるため早速予約した 東映ヒーローネット一押しのスペシャルアイテムです!! 購入ご希望の商品画像をクリックして、商品詳細をご確認の上お申し込みください。価格は全て税込みです。 S.I.C. 仮面ライダーN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C. ナオミ&コハナ

Hobby JAPAN.2010.4号で「2月下旬受注開始」と告知され期待させておきながら、他誌や次号で店晒しにされたままになっていたSICナオミ&コハナの受注が、実際に開始されたので早速予約した。 Hobby JAPAN.2010.4号掲載まさかの電王アイテム登場 TV版『仮面ライダー電王』のアイテムはウイニングフォームで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂ウェブ限定 S.I.C.ネガタロス

手元に届いた魂ウェブ限定 S.I.C.ネガタロスを開封してみた。 ネガタロスは表情パーツも無く、手首の取替だけ。取扱説明書等は入っていない 平成シリーズで圧倒する力を持つ悪役のS.I.C.化に期待していたが、モモタロスと同じパーツを顎部分に使っている筈なのに、中国製ならではの塗装の酷さが目立つ残念なものだった…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.ゼロノス & デネブ イマジン

1/31発売するゼロノスゼロフォームの購入は現時点では断念しているものの、『ゼロノス & デネブ』は入手。 電王シリーズの『電王&モモタロス』は購入特典付きで5,180円。『ゼロノス & デネブ』は発売日2008.12/27購入したものの価格は6,420円と若干割高だった。 (『ガンフォーム&リュウタロス』とリミテッドの『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.ガンフォーム & リュウタロス

毎週『週末特化』でMRバットマンを投売りしている為、サンプロ見た後、早速町田のヨドバシに行ったら、全く購入するつもりがなかった「S.I.C.VOL.43 仮面電王ガンフォーム & リュウタロス」 がまんだらけの中古特価並みの価格で捨売りされていた為、稼動素体としては優秀なは実証済みなので思わず買ってしまいました。 S.I.C.仮面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.I.C.過去の素体改造/電王

電王がSIC化するらしいので以前自分なりのアレンジで作った電王を載せてみた。放映開始直後に作ったもので思い入れの全く無いライダーなので遠目でシルエットを見ると辛うじてわかります。 当時はコメディ番組と割り切って見ようとしましたがあまりにも過去のヒーロー像や前作カブトとのギャップがありすぎて結局4話程度見て辞めた為その後のストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more